« 2019年6月 | トップページ

2019年7月

2019年7月20日 (土)

■1/350「はやぶさ」

いきなりエッチングパーツの細かさにビックリ! 窓のワイパーまで.......という感じである。

Img_1644

細かいエッチングを組み立てながら、各箇所の元部品と交換したり付け加えたりしていく。

Img_1647

1円玉と比較して、パーツの細かさがわかっていただけると思うが.......特にこの両舷をむいている機銃は、なんども触るたびに変形してしまうので、そのうち脱落してしまうのではないかと心配になった。

Img_1654

Img_1663 Img_1665

ネットでベース素材となるスタイロフォームを購入した。 商品代よりも送料が高かったが、失敗して今後やらないことも考えられるので、一番小さい単位のものを購入した。 

Img_1673

 

最初はアクリル絵の具のウルトラマリンブルーとフタログリーンイエローシェードを適当にまぜて全体に筆塗りした。 船を置いて走らせる方向に、その場所を想定してウルトラマリンブルーの配合を減らした色を塗った。

Img_1675

絵の具を乾燥後に、水表現剤であるグロスポリマーメディウムを筆につけて全体を塗りたくった。 その前に作成したはやぶさの船底を削り取り、メディウムが乾かないうちに位置を決めて配置した。(乾燥していくと、このまま付着して固定される)

Img_1676

グロスポリマーメディウムが乾いたら、波を表現する材料であるジェルメディウムを筆で全体にたたくように塗りたくり、それが乾燥したら、船の周りの大きな波を表現する材料であるスーパーヘビージェルメディウムを筆や爪楊枝などを使いながら盛っていく。

Img_1691

これらすべてが乾くまで数日放置しておいて、最後はジェルメディウムに水疱表現剤を3割から4割よくまぜて、波の部分に塗っていく

Img_1712

感想させるとジェルメディウムは透明化していくので、若干白い波が収縮してしまい迫力がなくなったので、乾燥して、上からアクリルのホワイトを波の上から少し塗って、さらにその上からグロスポリマーメディウムを再度上塗りして完成とした。 部屋の中で撮影すると、わからなかったが、外で自然光で撮影すると少し現実感のある画像を得ることが出来た。

20190720_haya_02 20190720_haya_01               

| | コメント (0)

« 2019年6月 | トップページ