« ■新日本丸 1/80(9) | トップページ | ■新日本丸 1/80(11) »

2018年9月 9日 (日)

■新日本丸 1/80(10)

甲板上の外板をはっていく工程にはいった。なるべくすきまをつくらないように、なるべく左右が対称になるように気をつけながら、板をはりあわせていった。

20180908_nihon_01


20180908_nihon_02

このように、中央甲板下部に前部ボートダビット部を組み込まなくてはならない。

20180908_nihon_03

ボートダビットの周囲の曲線は適当に、フリータッチで線引きをして、やすりがけで整えていく。

20180908_nihon_04


20180908_nihon_05

このように甲板上の外板貼りは完了した。 少しの隙間はパテをうめておいて、あとで表面を軽くやすりがけをしていく。 その後の甲板材を貼るときに、なるべく凹凸がないようにしておきたいからである。

20180908_nihon_06

シャフトカバーをどこにつけるのか、設計図をみていても、なかなか理解できなかった。 その形状をみれば、わかるのであろうが、なぜ、これだけ理解できなかったのかがわからない(笑)

20180908_nihon_09

スクリューのプラケット、シャフトカバーをとりつけた。

20180908_nihon_07

実際にプロペラシャフトを通してみると、スクリュープラケットの位置が微妙にずれていて、結局、プラケットを取り外して、シャフトをつけた状態で接着しなおした。
20180908_nihon_08

身長184センチの私が持っても、これだけの存在感を示す大きさである。 これに艦上の構造物が積みあがると、とてつもない大きさになる。

20180908_nihon_11_2


20180908_nihon_12_2


20180908_nihon_13_2




|

« ■新日本丸 1/80(9) | トップページ | ■新日本丸 1/80(11) »

■001帆船新日本丸(1/80)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■新日本丸 1/80(10):

« ■新日本丸 1/80(9) | トップページ | ■新日本丸 1/80(11) »