« ■新日本丸 1/80(6) | トップページ | ■新日本丸 1/80(8) »

2018年8月 5日 (日)

■新日本丸 1/80(7)

外板をかなり曲げている関係で、しばらく放置しておくと、若干、外板の反発力が復活して接着面から、すこし隙間があいてくる箇所が出てくるので、見つけ次第、接着剤を注入して固定圧着しておく。 とりあえず、このまま一週間放置しておいた。

20180805_nihon_01

やっと表面を削る工程にはいれるわけだが、いろんな面に対応できるように、荒削りのやすりを作って置く。 それぞれ100番から120番の粗目のやすりを最初は用意した。

20180805_nihon_02

のべ4時間ほどのやすりがけをすると、このような感じになる。

20180805_nihon_03

こちらも、おおきな板の飛び出しはなくなっている。

20180805_nihon_04

ホワイトサフを噴いて、外板の感じを見てみることにしたが、まだまだ、完成までは遠い。かなりの削り込みが必要であることがわかる。

20180805_nihon_05

パテをぬってから削りに入ったが、けずってからパテを塗ったほうがよかったのかもしれない。

20180805_nihon_06


20180805_nihon_07

まず、第一回の荒削りは終了.............部屋に持ち帰り、再度、隙間をパテで埋める作業を実施した。

20180805_nihon_08

|

« ■新日本丸 1/80(6) | トップページ | ■新日本丸 1/80(8) »

■001帆船新日本丸(1/80)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■新日本丸 1/80(7):

« ■新日本丸 1/80(6) | トップページ | ■新日本丸 1/80(8) »