« ■新日本丸 1/80(1) | トップページ | ■新日本丸 1/80(3) »

2018年7月11日 (水)

■新日本丸 1/80(2)

船尾は、木製模型の場合、これまでやってきた大和、赤城、カティサークと同様に、板を貼りあわせて、その段差を滑らかにすることで、曲線を作り上げるようになっている。

20180711_nihon_00

今回は、直線的に削り落としていく場合と、曲面をほどよく力を弱めながら削り落としていく場合とわけるために、紙やすりをスポンジと木片に両面テープを使って貼りつけたものを使用することにした。

20180711_nihon_03

第一日目.........会社から帰って、夕方の暗くなる前の30分を利用して、外でやすりがけを実施した。 今日はここまでにした。

20180711_nihon_02

このように、船体の外材と表面の高さをあわせるために、A部分は2ミリ程度、B部分は1ミリ程度枠材からはみでるように削り落とす。

20180711_nihon_01

|

« ■新日本丸 1/80(1) | トップページ | ■新日本丸 1/80(3) »

■001帆船新日本丸(1/80)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■新日本丸 1/80(2):

« ■新日本丸 1/80(1) | トップページ | ■新日本丸 1/80(3) »