« ■1/200大和をつくる(58) | トップページ | ■1/200大和をつくる(60)最終編 »

2018年1月 2日 (火)

■1/200大和をつくる(59)

大和の化粧台を作ったが、アクリルケースを上からかぶせるために、板から周囲1センチだけはみ出るサイズの枠をつくり、これをオイルステインで拭いて、木工ボンドを内側に塗って、その上から前回作った大和の下のチーク材を載せて接着することにした。

20180102_yamato

だが、この作業を一人で行ったことが災いして、空中線に指を強くひっかけてしまい、なんと、大和の後部マストの2本を折ってしまうという大変なミスをおかしてしまった。

20180102_yamato_01

張り線をつけてしまっているもので、最初からやり直すという事になると、たいへんな手間と時間を要するので、なんとか折れたところを接着して、復帰させたいと思い、まず左舷側のアンテナはなんとか接着することができたのだが、右舷側を無理やり元の位置に戻そうとしていると、やはり張り線のひっぱり強度がかなり強いため、折れたアンテナがさらにもう二つに折れてしまい、そのまま修復することはあきらめざるを得なくなった。

そこで、右舷側のアンテナについては、折れた部分からさらに下部の比較的太い部分まで切り落として、丸いプラ棒を熱で少し伸ばして、径をだいたいあわせたものを用意して、接着し、しばらく放置して、よくくっついてから、張り線をやり替えることにした。

20180102_yamato_02

このように、このアンテナ部分には、数本の張り線がかかっていたので、糸で位置から張るのはなかなか困難であったので、0.3ミリの真鍮線をカットしてボンドで接着して糸のテンションがかからない形にして仕上げることにした。


20180102_yamato_03

マストには、サーフェイサー液を塗り、張り線にはメタルプライマを塗って、しばらくしてから、それぞれの色を塗りわけて、なんとかこのように修復した。 もう、できれば修復はしたくない。するたびにボンドの接着面が大きくなって見映えが悪くなったり、微妙に左右の位置がずれたりするからである。

20180102_yamato_04

|

« ■1/200大和をつくる(58) | トップページ | ■1/200大和をつくる(60)最終編 »

■006ニチモ戦艦大和(1/200)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■1/200大和をつくる(59):

« ■1/200大和をつくる(58) | トップページ | ■1/200大和をつくる(60)最終編 »