« ■1/200大和をつくる(52) | トップページ | ■1/200大和をつくる(54) »

2017年10月22日 (日)

■1/200大和をつくる(53)

今日は、赤レンガフェスティバルも、台風の来襲のため中止となり、急に思ってもいなかった休日が一日与えられ、朝から、張り線に集中することが出来た。  メインの太線は、灰色のミシン糸で、あとから呉海軍色を上から筆塗りしている。 支線らしき場所は、0.2ミリの真鍮線や、10号のメタルラインを利用している。

20171022_yamato_05

線そのものは、まだまだ、アクセントとなるような肉盛りや塗装をしていないので、線と碍子らしきもののみの表現となっている。 白色の碍子らしきものは、0.5ミリ径の真鍮のパイプをカッターで0.3ミリの長さにカットしたものを利用し、あとで白色で塗装したものである。

 20171022_yamato_06

アンダーで撮影してみると、なんとなく臨場感が増してきてうれしい。


20171022_yamato_02

この角度から撮影すると、ありし日の大和を彷彿とさせる。

20171022_yamato_01

|

« ■1/200大和をつくる(52) | トップページ | ■1/200大和をつくる(54) »

■001.ニチモ戦艦大和(1/200)」カテゴリの記事

コメント

イイね~・・見違えました(笑)
大型模型の醍醐味がイヨイヨ・・発揮されるときですネ。
完成したら・・足元にも及びませんネ。
御見事です。
 それに・・・あそこ・・にも~手が入ってる~(笑)

投稿: 大和魂 | 2017年10月24日 (火) 15時36分

お師匠様の大和には足元にも及びません。あそこ...に気が付いていただいてうれしいです。

投稿: 管理人 | 2017年10月24日 (火) 16時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134195/72030659

この記事へのトラックバック一覧です: ■1/200大和をつくる(53):

« ■1/200大和をつくる(52) | トップページ | ■1/200大和をつくる(54) »