« ■1/200大和をつくる(47) | トップページ | ■1/200大和をつくる(49) »

2017年9月20日 (水)

■1/200大和をつくる(48)

私には、この大和製作に取り組んでいる中で、模型の師匠と呼んでいる友人、知人が複数いて、様々なところから、いろんなアドバイスをしてくださっている。 特に知識の乏しい私など、この部品を”荷車”などと言って、諸兄からは失笑を誘っている次第である。 とにかく艦載機を載せる荷車、否、台車を作ることにした。 エッチングパーツを購入していたので、これを組み立てる。 いずれも台車の上に、カタパルト上の発射用の台となるものを載せて、その上に艦載機を乗せるわけであるが、搭載されていた機材にも諸説があるようですが、今回は複葉の零式水上観測機2機と少し大柄の零式水上偵察機2機(1基は羽を折りたたんで格納庫に)作りました。

20170920_yamato_01

これが複葉の零式水上観測機を乗せる台車と発射用の台です。 昔は肉眼でしか距離を確認できなかったようで、大砲の撃ちあいになったときには、これを飛ばして着弾位置を確認して、敵艦との距離を調整する役割があったようです。  でも、日本軍にとっては、制空権が確保されていない状態となってからは、まったく意味がないものになったのだと思われます。

20170920_yamato_02

こちらが零式水上偵察機用の台車と、カタパルト発射用台をつみあげたものです。

20170920_yamato_03
羽をたたんだ状態で、格納庫から取り出してクレーンで吊り下げて、レールからカタパルトに移動させていたようです。

20170920_yamato_06

艦載機を、接着せずに一応、置いてみました。

20170920_yamato_05

模型映えがするので、こうして組み立てていますが、実際の戦闘時には、邪魔になって何の役にもたたない資材だったというのは、わかるような気がしますね。

20170920_yamato_04

|

« ■1/200大和をつくる(47) | トップページ | ■1/200大和をつくる(49) »

■001.ニチモ戦艦大和(1/200)」カテゴリの記事

コメント

圧観でござりまする~・・・御見事です。

投稿: 大和魂 | 2017年9月20日 (水) 18時05分

大和魂師匠.......お褒めの言葉、ありがたくうれしく存じます。

投稿: 管理人 | 2017年9月20日 (水) 21時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134195/71764322

この記事へのトラックバック一覧です: ■1/200大和をつくる(48):

« ■1/200大和をつくる(47) | トップページ | ■1/200大和をつくる(49) »