« ■1/200大和をつくる(41) | トップページ | ■1/200大和をつくる(43) »

2017年8月 6日 (日)

■1/200大和をつくる(42)

結局、船体回りの鉄柵の鎖は、銅線で表現することにした。手芸コーナーで購入してきた銅線を通して、このように作り上げた。 まだ、ところどころ柵が歪んだりしているので、最終的にはペンチを使って修正していきたい。

20170729_yamato

浮き輪は、また、小さめのワッシャーを使って表現することにした。 張り線を仕込んでいく段階が近づいてきた。 だが、もう少し、船体の細かい部分の修正をしておきたいと思っている。 塗装面に接着剤(ボンド)を落としてしまったり、マスキングテープの貼り方が荒くて、色がはみ出している部分なども修正をしておきたい。

20170804_yamato

主砲を回転させて、この角度から撮影すると、まさに戦艦大和の勇壮さが実感できる。

20170813_yamato



|

« ■1/200大和をつくる(41) | トップページ | ■1/200大和をつくる(43) »

■001.ニチモ戦艦大和(1/200)」カテゴリの記事

コメント

いいネ・・ポチッ ・・アッ!・・マ違った。
そろそろ・・三本マストの中断に・・白帯識別帯を・・いかがです?
 手が~付けられなく成っちゃいますよ~。

投稿: 大和魂 | 2017年8月19日 (土) 16時46分

>大和魂さま、白帯識別帯って何ですか??それと、舷外電路についている留め金のような無数のものは、どのようにして作られたんでしょうか? 現在は2ミリ角のプラ棒を貼りつけただけの状態なので、なんとかしないと......と思ってるんですが!?

投稿: 管理人 | 2017年8月20日 (日) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134195/71348703

この記事へのトラックバック一覧です: ■1/200大和をつくる(42):

« ■1/200大和をつくる(41) | トップページ | ■1/200大和をつくる(43) »