« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月17日 (月)

■1/200大和をつくる(41)

鉄柵の内面に、大和の甲板上の雨水を集める場所があった..........という私の模型の師匠のアドバイスを受けて、集水ガイドを作って取り付けることにした。 厚さ0.3ミリのプラ板を幅ミリにカットして、その片側に0.5ミリ角のプラ棒を接着し、それを集水のためのガイド部品とした。(サフを噴いて、軍艦色で手塗りしておいた)

20170717_yamato_01

このように、当時の図面などを参考にしながら、上のガイド部品を適当にカットして鉄柵内側に接着していった。

20170717_yamato_03

いよいよ、鉄柵に糸?あるいは銅線?を張っていく作業に入りたいと思っている。

20170716_yamato_12







| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年7月16日 (日)

■1/200大和をつくる(40)

前方のメインの錨と、その鎖を取り付ける作業、その前に、ネットで見ると多くのモデラーがやっている接合面のプラ板による区画表現をしておいた。

20170716_yamato_07

全体を撮影する。ほぼ主要な箇所は出来上がってきているのがわかる。

20170716_yamato_08

甲板周りの鉄柵を表現していくのであるが、小西模型のパーツを買ってきて、12ミリ間隔でドリルで穴を開けつつ、ボンドをつけて柵を植え付けていく作業をおこなった。

20170716_yamato_09

柵も、鎖もとりつけたので、ここで、また、艦橋裏上部から撮影をしてみた。

20170716_yamato_11

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月14日 (金)

■1/200大和をつくる(39)

前方マストは、あとで張り線をする際に、折れたり曲がったりしないように真鍮線をたてておくことにした。

20170716_yamato_01

2番砲塔横の単装機銃のまわりには、鉄の防御版でなく、土嚢が積み上げられていたらしいので、加工をし直すことにした。

20170716_yamato_02

フェイスブック友達になった方から紹介していただき、田宮の1/350大和用の土嚢部品を取り寄せて、適当にカットして積み上げて単装機銃のまわりにでっちあげた。

20170716_yamato_03

後方上部からの大和の姿である。だいぶできあがってきました。

20170706_yamato_04

25ミリシールド付の三連装機銃は、レイテ仕様を天一号仕様に改造したため、左右に3基ずつ部品が不足するが、形が多少かわるのを承知で、小西模型の部品を買ってきて、そのまま取り付けた。


20170716_yamato_05

大和独特のハリネズミのような機銃が空をにらむ風景は勇ましい。

20170706_yamato_06

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »