« ■1/200大和をつくる(35) | トップページ | ■1/200大和をつくる(37) »

2017年6月 4日 (日)

■1/200大和をつくる(36)

大和ミュージアムに行ったときに撮影して帰った船尾の様子である。 沖縄特攻時には、最後尾にも25ミリ三連装機銃の銃座を増設していたことがわかる。

20170604_yamato_01

このようにレイテ仕様のニチモ大和には、クレーン塔も除去されていないし、銃座もないので、クレーンは残した方が模型として格好いいので、そのままにしておきて、銃座のみ自作することにした。

20170604_yamato_02

プラ板で写真を見ながら、形状は、当時の設計図を見ながらおおよその寸法を出して、作り上げていった。
20170604_yamato_03

台座をもちあげる支柱は四角形をしているので、三角のプラ棒を二つくっつけて四角にしたものをカットして、支柱とした。

20170604_yamato_04

銃座の位置決めをしてドリルで穴をあけておいた。 そして渡り廊下のところに四角いものを2つ配置した(機銃の弾倉ではないかな?)。 この箱も小さなプラバンを貼りあわせてつくった。

20170604_yamato_05

仮に船尾に置いてみたのだが、やはり、台座の支柱がこの高さだとクレーンに干渉してしまい登り階段をつけることが出来ないので、仕方なく支柱を切断して、すこし台座の位置を低位置にすることにした。

20170604_yamato_06

こうして、あとはサフを噴いたあと、呉軍艦色で塗装して、このように仮置きしてみた。

20170604_yamato_07

|

« ■1/200大和をつくる(35) | トップページ | ■1/200大和をつくる(37) »

■001.ニチモ戦艦大和(1/200)」カテゴリの記事

コメント

いいね・・・(笑)
この台座の情報は海底大和の探索で解明されて居ますネ。

投稿: 大和魂 | 2017年6月 4日 (日) 10時32分

ご老公様のアドバイスどおり、船尾の形はもとの丸い形に戻しております(笑)

投稿: 管理人 | 2017年6月 4日 (日) 10時39分

余計な進言と~それは・・お役に立てて何よりです。

投稿: 大和魂 | 2017年6月 6日 (火) 17時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134195/70760721

この記事へのトラックバック一覧です: ■1/200大和をつくる(36):

« ■1/200大和をつくる(35) | トップページ | ■1/200大和をつくる(37) »