« ■1/200大和をつくる(33) | トップページ | ■1/200大和をつくる(35) »

2017年5月 9日 (火)

■1/200大和をつくる(34)

エッチングパーツの組立にはいった。 なんといっても、エッチングのメインは、このカタパルト作成と、後部のクレーンではないだろうか。 なるべくボンドによる汚れを表に出さないように気を付けながら組み立てていった。 カタパルトをならべると、まるでネクタイピンのように見える。 これだけの光沢..........もったいないので塗装したくないくらいである。


20170509_yamato

最近、よくピンセットから、部品が脱落して紛失することが多い。 書斎のフローリングに落とした滑車部品がどうしても見つからないので、プラ板を丸くカットして代用した。

20170509_yamato_02

次はクレーンであるが、これが、実は、ほぼ組立終えたときに、置き場所が悪く、重たい工具を上に落としてグチャグチャにしてしまったのである。 このクレーンのために高価なエッチングを購入したと言っても言い過ぎではないのである。 3時間ほどかけて、曲がったエッチングを接着剤を剥がしながら復元していった。 なんとかなったのでよかった。


20170509_yamato_01

このあたりは、資料をみたわけでなく、自分のフィーリングでプラ板、プラ棒を使って作り上げていった。

20170509_yamato_03

ロープまでエッチング部品となっているので、これを直線にするのが至難の業である。 このままでいくか、場合によってはロープ部分をカットして、プラの伸ばしランナーか、真鍮線を使ってやり直すかしたい。 とりあえず、今はこのままにしておくことにした。

20170509_yamato_04

大和後部のクレーンをたててみた。 主砲もセッティングしてみた。

20170509_yamato_05

主砲をすべてセッティングしてみた。 あとは削り取ってしまった甲板上の突起物を自作していかねばらなない。

20170509_yamato_06

|

« ■1/200大和をつくる(33) | トップページ | ■1/200大和をつくる(35) »

■001.ニチモ戦艦大和(1/200)」カテゴリの記事

コメント

ジブクレーンは現世でも活躍中のクレーンです。
舞鶴港にも有るハズで~す。ロープのかけ方は・・コノ田舎ジジイよりも目にする機会が多いと思いますので~是非・・研究してみてね~・・・(笑)

投稿: 大和魂 | 2017年5月10日 (水) 11時15分

ジブクレーンというのですね.......研究はしてみたいと思いますが、ほぼ作り終えたので、改める意欲がわくかどうかはわかりません(笑)

投稿: 管理人 | 2017年5月11日 (木) 09時21分

あはは~・・小学4年の頃~工作で「滑車」を覚えて以来・・非常に関心のある工作機械ですわ~・・

投稿: 大和魂 | 2017年5月12日 (金) 15時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134195/70514157

この記事へのトラックバック一覧です: ■1/200大和をつくる(34):

« ■1/200大和をつくる(33) | トップページ | ■1/200大和をつくる(35) »