« ■1/200大和をつくる(30) | トップページ | ■1/200大和をつくる(31) »

2017年3月15日 (水)

1/80 巡洋艦 摩耶を取材す

舞鶴市民新聞第一面で、愛宕上町に住む谷奥輝治さん(77歳)が、今回、80分の1スケールの巡洋艦摩耶を3年の歳月をかけて完成させたことが記事に載っていたので、早速、電話にて”新聞をみせて、拝見させていただきたいので、今から行かせてもらっていいですか?”と事前アポをとり、カメラを携えてマイカーを走らせた。 ナビで周辺まで着いて電話をしようとしたら、新聞に載っていた見覚えのある顔のおじさんが、道路に出てきてくれて、こっちこっちと手招きしてくださった。 自宅とは少し離れたところに作業倉庫があった。(もともと、大工が本業であったが、バブルがはじけて不況になったときに、日本板硝子に勤務をし、定年前に退職し、大工に復帰しておられたということであった。) 

大工さんらしく、木材と工具がいっぱいならんだ倉庫の中に案内されると、倉庫中央にデーンと巨大な巡洋艦”摩耶”が鎮座していた。

20170315_maya_01

全長2メートル60㎝は、いかにも威風堂々として見える。 私が今製作中の、ニチモ改造版の戦艦大和は、これの約半分サイズ(それでもじゅうぶんデカいのだが)である。 もう少し近寄って船首側から撮影してみると、こんな感じで、滅茶苦茶格好いい~♪

20170315_maya_02

艦橋まわりを真横から見ると、こんな感じである。

20170315_maya_05

さらに後部から見るとこんな感じ.......(*^▽^*) 

20170315_maya_04

ラジコンでスクリューも舵も動くようになっていたので、早速甲板から分解して、中をみせてもらうことにした。

20170315_maya_06

すべての甲板をとりはずすことができるので、いったん全部はずして、中身をみせていただくことにした。 もともとは木で枠を作り、朴の木をはりつけ、その外側にうすい金属板をはりつけたり、船体の主要部分は、FRPを上からはりつけたということであった。 艦橋部分もその大きさに比して非常に軽いので驚いた。

20170315_maya_07

完成後、小学校のプールで実際に浮かべて、走らせたことがあるらしい。 その際には船体が軽すぎて、喫水線まで水面があがらないので、船体にバランスをとりながらおもりを置いていくらしい。 そのおもり......手にしたが、結構な重量であった。 これだけの大きな船体を組み立て時にどうしてバランスをとっていくのかと不思議であったが、水に浮かべてからバランスをとり、吃水を水面にあわせていくのだということを聞いて、納得した。

20170315_maya_08

舵の部分も。ラジコンの航空機の部品を使っているようで、航空機のラジコンを作っている仲間に配線などは頼んでやってもらったと言っておられた。 でっかい水上戦闘機がその倉庫の奥に置いてあった。


20170315_maya_09

船体後部、艦橋部分の裏側もみせていただいた。 こんな感じで、軽い木材を貼りあわせたものであった。

20170315_maya_10

船体が3メートル近い船の艦橋部分なので、たいそう重たいように見えたが、こうして軽くてうすい朴の木のような素材が使われているので、とりはずしはことのほか楽そうであった。

20170315_maya_13

実際にこれだけの大きな模型を作る際の設計図はどのようにされたのかと質問したところ、専門誌に載っている詳しい設計図を自分の作りたいサイズに拡大してもらったものを見ながら、いろんな素材を使って、そのサイズどおりに作り上げていったのだということであった。 倉庫の壁に摩耶の設計図がたてかけてあった。

20170315_maya_14

25ミリの三連装機銃の砲身は釘の頭を潰してつくったものらしい、根元はボンドで厚みをつくったということ。

20170315_maya_16

航行灯もちゃんと光るようにとりつけてあった。 実際の航行灯はもう少し下にあるはずだが、機銃の増設などで設置場所がなくなり、自分で格好よさげな場所にとりつけたのだということであった。 すばらしい!!........私の作っている戦艦大和も、実際の航行灯の場所にLEDを埋め込んで光るようにしている。

20170315_maya_17

マストの上の信号灯にも緑色のランプが.......これも光らせることが出来るようになっていた。

20170315_maya_18

他のマストの信号灯も光るようになっていた。

20170315_maya_19

手づくりの艦載機運搬車のレールも迫力のある作りになっていた。

20170315_maya_23

魚雷発射管もすごく格好よく作ってあった。(^_-)-☆

20170315_maya_22

ラジコンで飛ばすことができる水上戦闘機.........あとで、あちこちフラップなどをラジコンで動かせて見せていただいた。 本人はラジコンをやりはじめたが、やっぱり飛行機より艦船に興味がわいたという事で、なんだか私に性格が似ているようだった。

20170315_maya_25

77歳というご高齢??なので、もう、こんなでっかい船を作る意欲は今のところわかないとおっしゃっていた。 私が舞鶴の観光協会の理事をしているのがわかってから、「赤レンガ倉庫で将来、こういう船を陳列するようなニーズがあれば、あなたに提供し、任せるので、ぜひ飾ってほしい。」と頼まれてしまった。 いきなり、そんなに信頼されても困るが(笑)

でも、本日は、でっかい船を自作する工程がだいたい理解できたのは収穫であったし、谷奥さんが、もともとプロの大工であることから、これからも、広い方面で指導をあおぐことができるのではないかと思い、すごくいい人に巡り合えたような満足感をいだいて、お礼を言ってその場所を後にした。



































|

« ■1/200大和をつくる(30) | トップページ | ■1/200大和をつくる(31) »

■撮影をする」カテゴリの記事

コメント

ん~・・・ロマンだな~・・・素晴らしい。
見習わねば~・・・良いレポ~トを拝見いたしました~・・。
って・・・寝られなくなりそうだゾ(笑)

投稿: 大和魂 | 2017年3月18日 (土) 16時33分

大和魂さま、日本刀の補修、修理が終わりましたら、大型艦艇の製作にお入りください(笑)

投稿: 管理人 | 2017年3月18日 (土) 22時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134195/69934097

この記事へのトラックバック一覧です: 1/80 巡洋艦 摩耶を取材す:

« ■1/200大和をつくる(30) | トップページ | ■1/200大和をつくる(31) »