« ■1/200大和をつくる(31) | トップページ | ■1/200大和をつくる(33) »

2017年3月24日 (金)

■1/200大和をつくる(32)

甲板の板の表面を#600でやすりがけし終えたので、主砲を置いてみた。 実際の大和の甲板はもう少し磨きをかけた黒光りのするような雰囲気ではなかったかと想像する。

20170324_yamato_00_00

とりあえず、プラ棒で甲板の外側枠を増したので、甲板の高さに合わせて左右のプラ板を削りとった。

20170324_yamato_00

飛行甲板の突起物は、あとでエッチングパーツを貼りつける関係で、すべて削り落としておくことにした。

20170324_yamato_00_01

これで甲板上の削らねばならない部分はすべて削り取った。

20170324_yamato_00_02

表面をオイルステイン(オーク色)をぼろ切れに含ませて、木目の甲板をこするようににしてうすく表面に塗っていった。 このように、最初、想像していた以上に強烈に赤っぽい甲板になってしまったが、乾かしてから再度表面をやすりがけするので、まあいいかと思って放置した。

20170324_yamato_01

表面を乾燥させてから、さらに#600のやすりがけを再度おこなっていくと、このように、なんだか現実的な木材のような色合いになったのでうれしい。

20170324_yamato_02

色がくすんで見えるが、これから、やすりがけをしたあと、薄く希釈したオイルステインを塗って、乾かしてから最終的に水性ニスを塗って仕上げた。 やや色が濃すぎる感もあるが、沖縄特攻時には黒色に見えたくらいの甲板色だったのだから、これくらいでもいいのではないかと思う。

また、ここまできて、艦橋を仮置きして、内部電源とつないでみて、ちゃんと各LEDが光るかどうかの確認テストをおこなった。

20170325_yamato_01

|

« ■1/200大和をつくる(31) | トップページ | ■1/200大和をつくる(33) »

■001.ニチモ戦艦大和(1/200)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134195/70034442

この記事へのトラックバック一覧です: ■1/200大和をつくる(32):

« ■1/200大和をつくる(31) | トップページ | ■1/200大和をつくる(33) »