« ■1/200大和をつくる(20) | トップページ | ■1/200大和をつくる(22) »

2017年2月 3日 (金)

■1/200大和をつくる(21)

大和の特徴でもあるこのアンテナも...........ニチモの部品を組み立てると、支柱は前部が1本、後部2本で支える構造になっている。 だが、これも最近の歴史考証から、まったく逆で前部2本、後部1本でささえられていたことがわかっている。 仕方ないので、下部の支柱を切り取って、加工しなおすことにした。

20170202_yamato_01

20170202_yamato_02

20170202_yamato_03

艦橋構造物のところにも、支柱用の穴があいている。 これも前部1個の穴をふさいで、両側に2個の穴(3ミリ径)をあけた。

20170202_yamato_04

この状態で支柱をたてることになるのだが、後部の1本の支柱用の穴はあけずに、マストの傾き調整用に適当にカットして直接船体に接着することにした。

20170202_yamato_05

これで支柱の位置は、歴史考証と一致することとなる。

20170202_yamato_06

支柱にはしごを貼りつけていく、700分の1のラッタルエッチングを使うことにした。

20170202_yamato_07

20170202_yamato_09

通信アンテナは、ゴールドメタルのエッチングを活用.........しかし、なんだか幅が広すぎておかしい......。

20170202_yamato_10


20170202_yamato_11

通信アンテナをささえる台とアームをカットし、角度をかえて接着しなおした。

20170202_yamato_12

やっと、アンテナもおさまりがよくなった。

20170202_yamato_13

|

« ■1/200大和をつくる(20) | トップページ | ■1/200大和をつくる(22) »

■001.ニチモ戦艦大和(1/200)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134195/69474703

この記事へのトラックバック一覧です: ■1/200大和をつくる(21):

« ■1/200大和をつくる(20) | トップページ | ■1/200大和をつくる(22) »