« ■1/250ディアゴス大和の修復(その1) | トップページ | ■1/250ディアゴス大和の修復(その2) »

2016年11月23日 (水)

■1/200大和をつくる(12)

戦艦大和を上から見たときに、最も目立つのが21号電探(レーダー)ではないだろうか? そこで、今回は、真鍮線などの金属をハンダづけしたものを作成しようと思い立ったのだが.........。

20161123_yamato_02

まず、何回か半田ごてを使う練習をした。 そう何度も何度も練習をして、はんだの量が最小限である程度の強度が出せるようにした。

何回か、テストをしたあと、万力とプラスチック製のハンマーをつかって、真鍮線を直角に曲げて、鍵の字型をした部品を2つ、2点をはんだ付けして四角い枠を4つ作成した。

20161123_yamato_03

ハンダは、あまり小さく、狭い範囲でやろうとすると、熱がかかって、固定した部分までハンダが溶けてしまいはずれてしまうというやっかいな問題があるので、プラ棒を一部使って金属とプラスチックの混合型でつくることにした。

20161123_yamato_04

プラ棒は、このくらいの太さになると、強度がないので、保型性に問題があるので、さきほどの金属パーツを補強材として使うことにしてみた。

20161123_yamato_05

こんな感じで、補強すれば、組み立てていく中で、力が加わっても、形が崩れてくることはないのではないかと思っていたのだが..............。

20161123_yamato_06

網をかける部分は、真鍮線の細いものでハンダづけと、アロンアルファの両方を使ってくみたててみた。

20161123_yamato_07

こんな感じで、金属パーツではさみこむと、かなり強度がでてくると思った。

20161123_yamato_08

枠にメッシュを貼りつけたあとは、プラ棒のかなり細い径(概ね0.3ミリ径)のもので、支柱をこしらえていくことにした。

20161123_yamato_11

実際にのせて確認してみると、こんな感じである。 しかし、出来上がってみるとなんだか厚みがありすぎて、食器洗いのかごみたいに見えると友人に言われて、すこし嫌になり、これも採用をやめて、新たに作り直すことにした。

20161123_yamato_13

なかなか、金属のハンダなどで進めると、正確な寸法がとりにくいので、プラ棒の少し太い目のものを使って、枠の組立をしてみた。 1ミリの角プラ棒でつくると........たしかに強度は出るが、かなりオーバースケールになってしまい、これだと通常のエッチングパーツを使った方がはるかにいい

20161123_yamato_15

枠は、0.5ミリ程度の角プラ棒、中の骨格部分は0.3ミリ程度以下の丸プラ棒を使って、とりあえず、メッシュをはりつけて形をもたせることにして......。

20161123_yamato_17

メッシュでもたせたような形で、あわせて接着してみると、こんな感じになる。 これは、わたしの模型の師匠である芦田氏の考案した21号電探のつくりかたを真似たものである。

20161123_yamato_19

あとは、ネットからダウンロードしてきたレーダーアンテナの図を参考にして碍子や、アンテナ線を作りこむことにした。

20161123_yamato_21

細かい作業が続くが、設計図どおりにピンをたてて、そこにアンテナ線をくっつけていく。20161123_yamato_20

こうしてつくりあげたのが、この21号電探である。 金属中心にしてつくりあげた21号電探と比べると、かなり小さくなり、存在感はないが、実際の大和ミュージアムの大和の電探の写真をみると、こちらのほうが近いかもしれない。

20161123_yamato_22

金属中心でつくりあげていた21号電探はこのような感じである。今回は気に入らなくなったので、使わないが、苦心して作ったので記念に残しておくことにした。

20161123_yamato_25

さて、採用をきめた21号電探を呉海軍色で塗装すると、こんな感じになった。

20161123_yamato_26




おもえば、21号電探をつくるだけで2週間あまりを使ってしまっていた。 これまで、いろいろと試行錯誤したものが残っていたので、捨てずに残っていたものだけならべてみても、これだけの数と種類になった。 細かい金属パーツを自作するのは難しい。

20161123_yamato_23











































|

« ■1/250ディアゴス大和の修復(その1) | トップページ | ■1/250ディアゴス大和の修復(その2) »

■001.ニチモ戦艦大和(1/200)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134195/68553592

この記事へのトラックバック一覧です: ■1/200大和をつくる(12):

« ■1/250ディアゴス大和の修復(その1) | トップページ | ■1/250ディアゴス大和の修復(その2) »