« ■1/200大和をつくる(6) | トップページ | ■1/200大和をつくる(8) »

2016年10月25日 (火)

■1/200大和をつくる(7)

船体の削りだしは、よいお天気の日に、外の倉庫でやらざるをえないので、しばらく放置しておいて、前部艦橋の組立をはじめている。 艦橋の窓からは、灯りが見えるようにLEDランプを組み込んでおきたいので、中側の障害物は、こうして鋸で切り取る作業が必要となった。

20161025_yamato_01

この部分はゴールドメダルのエッチングパーツの窓枠が入る予定である。 ここからLEDの灯りがともるように組み立てようと思っている。

20161025_yamato_02

最上部の司令室の窓からも灯りがともるようにしたいので、邪魔になりそうな構造物はすべて切り取った。 

20161025_yamato_03

窓枠は、ここもゴールドメダルのエッチングパーツを貼りつける予定にしているが、エッチングパーツの上に屋根を直接接着するのは強度的にも無理なので、中の灯を組み込むようにエッチングで適当に床と柱を作って、3点で屋根を接着することにした。

20161025_yamato_04

こんな感じで上下の司令室の窓枠ができた。 なかなか綺麗に完全にというわけにはいかなかったが、ピンセットでなるべく窓枠が長方形になるように調整した。

20161025_yamato_05

最上部の司令室の灯は、薄いプラバンを通して司令室に灯りが届くように設置した。 いちおう前もってLEDの明るさをみたが、予想以上に明るいので、司令室部分でLEDが光ることのないように、うすいプラバンでワンクッション光をやわらげることにしたわけである。

20161025_yamato_06

LEDの設置が終わったので、いよいよ通電して、光り方を確認してみることにした。

20161025_yamato_07

なんとなくいい感じである。 しかし、艦橋のあわせが悪いので、パテで埋めたところもやすりで削るとかなり薄くなっているので、そこから光がもれてしまう。 まあ、これからセメダインで隙間を再度埋めて、サーフェイサーを噴いて塗装したら、光も窓からしかもれなくなるだろうと考えている。

20161025_yamato_08

いちおう部屋の電気を消して、撮影してみた。 夜の海に浮かぶ大和を連想している。

20161025_yamato_09








|

« ■1/200大和をつくる(6) | トップページ | ■1/200大和をつくる(8) »

■001.ニチモ戦艦大和(1/200)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134195/68112911

この記事へのトラックバック一覧です: ■1/200大和をつくる(7):

« ■1/200大和をつくる(6) | トップページ | ■1/200大和をつくる(8) »