« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月27日 (月)

■1/350あたごをつくる(10)

空中線を取り付ける作業である。私は0.1ミリの真鍮線を使ってみた。ゼリー状ボンドを使って固定していく作業をおこなったが、なかなかくっついてくれないし、真鍮線どうしがよくくっついてしまって困った。

20160627atago_01_01

線はすべて同じサイズの真鍮線を用いてボンドでくっつける作業をひたすら続けた。

20160627_atago_01_02

ヘリコプター甲板のスポットマークが平成24年現在では、新表記になっているので、オプションデカールの新表記スポットマークを選んで貼りつけた。

20160627_atago_01_03

前方甲板も所定のデカールを貼りつけると、全体にしまった感じがでてきた。 見ていただいたらわかるように、VLSからミサイルを発射する瞬間を表現している。

20160627_atago_01_04

ウオーターラインの状態で青い紙の上に配置すると、海に浮かんでいるようにも見える。

20160627_atago_04_2











| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月24日 (金)

■1/350あたごをつくる(9)

VLSのフタは4か所空けておく、あとでハプーン、通常ミサイル、アスロックなどの弾頭が少し見えるようにしていきたいと思う。

20160614_atago_2

1/350サイズの戦艦三笠とならべてみた。 時代が変わるとこれだけ兵器の姿が変わるのである。

20160618_atago_02_2

柵がほぼ完成すると、なんだか実物感が増してくる。

20160621_atago_2

久しぶりに外に出して、空をバックに撮影(接写)すると、なんだか本物ではないかと思うほどのリアル感がでてきた。


20160626_atago_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 6日 (月)

■1/350あたごをつくる(8)

しばらく、あたごが出かけていたので、写真をとることができなかったが、久しぶりに舞鶴海上自衛隊基地に帰ってきていたので、見学をかねて撮影することにした。 まず、マストの詳細を撮影し、模型製作に反映させようという気持ちでたくさん画像をゲットして帰ってきた。

20160524_atago_02

素組+エッチングパーツ少々という感じのときの画像である。本物と比較するとまだまだ淋しい。

20160524_atago_mokei

エッチングパーツをかなり活用してマストまわりをより実物に近づけようと努力した。 裏から見るとこんな感じになる。

20160604_atago_01

表から見ると、こんな感じで、多少実物感がでてきたような気がする。

20160604_atago_02

梅雨空をバックにベランダにつくりかけの模型を置いて、撮影してみた。 なかなか感じがよくなってきたと思う。自画自賛!?(笑)

20160605_atago_00













| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »