« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月18日 (水)

■1/350あたごをつくる(7)

早く、装備をとりつけたい思いになる。 SSM-1B、あたごは国産の90式艦対艦誘導弾を装備している。 舞鶴のもう一隻のイージスみょうこうには、アメリカ製のハ-プ-ン対艦ミサイルが搭載されていたらしい。

20160511_ata_01

肝心の”あたご”が出航してしていて舞鶴にいないので、こまかい部分を見に行って参考にしようと思っているので、細かい作業にまだ、手をだせないでいる。これまでの塗装は、すべて缶スプレーと手塗りで仕上げてきたが、どうも塗装の限界を感じてしまう。早くコンプレッサーなどを購入し、エアブラシに挑戦したいと思っているのだが、先立つものがない。

20160518_atago


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 8日 (日)

■1/350あたごをつくる(6)

全体にサーフェイサーを噴いて、ある程度納得できたので、全体に呉海軍色をスプレーして塗装し、平面部分は、少し濃い佐世保海軍色をスプレーすることにした。 このように縦の面に塗装がかからないようにマスキングテープを貼って、上から塗装することにした。

20160508_ata_01

20160508_ata_02

いちおう、両方の色を塗り終えたあとだが、どうも呉、佐世保の海軍色もあまり差がないのか、見方によっては、色分けしなくてもよかったようにも見えてしまう。

20160508_ata_03

呉海軍色と佐世保海軍色の差は艦橋上部の色分けでみるとはっきりするのだが、とうも目の錯覚か、艦橋部分は縦の面と横の面の色合いの差がはっきりわからない。

20160508_ata_04









| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 5日 (木)

■1/350あたごをつくる(5)

やすりがけをかなり実施したので、サーフェイサーを全体に噴いてみた。 ところどころ、まだ、すきまが埋まっていない部分もあるが、50センチ以上離れて見た分には、さほど感じなくなった。  全体的にあとすこしパテを入れたり、やすりをかけたりして、塗装に進みたいと思う。

20160505_ata_01

格納庫の色合いが若干、濃すぎた感がある。 筆が中に入らないこともないので、上からもう少し薄い色を重ね塗りしてみようかと思っている。

20160505_ata_02

艦橋のいちばん下の部分、ここが一番失敗してしまい。パテも厚すぎたり、けずりすぎて突起部分が消えかかってしまったりしている。 まあ、階段などはエッチングパーツを貼りつける予定なので、何とかごまかせるが.........。

20160505_ata_03

艦橋や後部の構造物と船体の境目をパテで埋めて一体化できたのはいいが、やすりがけをした際、船体にあった横のラインをすべて消してしまった。 これはまた、釣糸などを加工してラインを再構成したい。(うまくできなければ、このまま塗装ということになりそう)

20160505_ata_04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 4日 (水)

■1/350あたごをつくる(4)

ヘリ格納庫だけ、あらかた着色して、土台となるおおまかな部品を船体に固定することにした。

20160504_ata_01

遠目でみているとわからなくても、近寄るとあちこちに隙間があって、見苦しいので、これらをパテで埋めることにした。

20160504_ata_02

20160504_ata_03

20160504_ata_04_2

パテを爪楊枝を使って、すきま周辺に塗りつけて、乾かしてから、カッターの刃でかんながけをし、紙やすりP400~P800くらいの粗目から仕上げまでをかけた。

20160504_ata_05


20160504_ata_06

20160504_ata_07

20160504_ata_08

細部を見てみると、まだまだ表面が粗いようであるが、これ以上のパテの削り取りをしようと思うと、やすりもかなり粗いものが必要であり、かといってあまり強くやすりがけすると、大切な突起部分がなくなってしまうし、逆に表面がえぐれてしまう恐れもあるので、仕方なく、もう少しカッター刃の先でエッジを出しながら、仕上げのやすりがけを続けることにした。














| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 1日 (日)

■1/350あたごをつくる(3)

20160501_at_02


あたごの船首の錨をつなぎとめる鎖は、実際の細かい鎖を使いたいので、プラモで成型してある鎖は、カッターナイフと紙やすりを使って削り取った。 また、Mk41 VLSの垂直発射機の内部も作りたいので、これもカッターナイフで切り取った。 また、艦橋の監視台のところのフェンスもエッチングパーツで表現するので、プラスチック成型のところはカッターナイフで削り落とした。

あたごの艦橋組み立ては、接合部分がほとんど斜めになってて、旧海軍の艦橋のように直角に接着できる部分がすくないので、それなりにやりにくい。 しかも、私が不器用なのか、どうもあちこちに隙間ができてしまうので、パテをあちこちに塗りたくっている。 やすりでパテの不要部分を削り落とす作業も、なかなか細かいところが多く、突起部を削り落とさずにパテを落とすのに苦労する。

20160501_ata_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »