« ■1/350あたごをつくる(3) | トップページ | ■1/350あたごをつくる(5) »

2016年5月 4日 (水)

■1/350あたごをつくる(4)

ヘリ格納庫だけ、あらかた着色して、土台となるおおまかな部品を船体に固定することにした。

20160504_ata_01

遠目でみているとわからなくても、近寄るとあちこちに隙間があって、見苦しいので、これらをパテで埋めることにした。

20160504_ata_02

20160504_ata_03

20160504_ata_04_2

パテを爪楊枝を使って、すきま周辺に塗りつけて、乾かしてから、カッターの刃でかんながけをし、紙やすりP400~P800くらいの粗目から仕上げまでをかけた。

20160504_ata_05


20160504_ata_06

20160504_ata_07

20160504_ata_08

細部を見てみると、まだまだ表面が粗いようであるが、これ以上のパテの削り取りをしようと思うと、やすりもかなり粗いものが必要であり、かといってあまり強くやすりがけすると、大切な突起部分がなくなってしまうし、逆に表面がえぐれてしまう恐れもあるので、仕方なく、もう少しカッター刃の先でエッジを出しながら、仕上げのやすりがけを続けることにした。














|

« ■1/350あたごをつくる(3) | トップページ | ■1/350あたごをつくる(5) »

■007.タミヤ護衛艦「あたご」(1/350)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134195/65323523

この記事へのトラックバック一覧です: ■1/350あたごをつくる(4):

« ■1/350あたごをつくる(3) | トップページ | ■1/350あたごをつくる(5) »