« ■カティサークをつくる(32) | トップページ | ■カティサークをつくる(34) »

2015年10月19日 (月)

■カティサークをつくる(33)

帆布をハサミで切り取り、周囲4ミリのふちを折り曲げてボンドで接着する作業をした。

20151010_ks_03_2

このように設計図の上にそれぞれの帆をおいて確認していく。

20151010_ks_04

調整した帆布を設計図通りならべてみると、こんな感じになる。帆が船体にとりつけられると、ぐっと見映えがしてくるだろう。

20151010_ks_05




|

« ■カティサークをつくる(32) | トップページ | ■カティサークをつくる(34) »

■002.帆船カティーサーク」カテゴリの記事

コメント

ついに帆を張るところにきましたね。
帆船はやっぱり最後これが張られると、なんとも見栄えがよくなりますね。
最後、帆船の帆の着色も含め、楽しみにしております。

投稿: トコトンおじさん | 2015年11月 6日 (金) 13時16分

>とことんおじさん......やっぱり帆は染めないとだめでしょうかね?? 船の塗装とのバランスからも、白い帆布をそのまま使った方がすっきりしたイメージでいいようにも思うのですが.........好みですかね??

投稿: 管理人 | 2015年11月10日 (火) 11時50分

帆染めるのも楽しみなのですが・・・実は

おやじが船員だったこともあり、良く大型船を見に行きました。

船はいつもきれいで機関室も当時は見学自由で、油で汚れて・・・というイメージがないのです。おやじに言わせると、日本海軍からの伝統みたいなものを引き継いでいるみたいなこと言ってました。

でも外国船は意外と錆だらけでした。

投稿: トコトンおじさん | 2015年11月13日 (金) 13時53分

トコトンおじさん......それでは、日本式に綺麗な帆を張って、清潔感ただようカティサークにしましょうかね。(笑)

投稿: 管理人 | 2015年11月14日 (土) 22時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134195/62380724

この記事へのトラックバック一覧です: ■カティサークをつくる(33):

« ■カティサークをつくる(32) | トップページ | ■カティサークをつくる(34) »