« ■カティサークをつくる(6) | トップページ | ■カティサークをつくる(8) »

2014年11月15日 (土)

■カティサークをつくる(7)

Img_2748

外板が貼れたので、内部を補強するために、エポキシ系の補修材を内面に塗り込んでおくことにした。

Img_2752

しかし、やりはじめるとエポキシ系はかなりの粘土とかたさがあって、どうも船底まではのばしにくいので、側壁内部のみエポキシ系補修材をぬり、それより下の部分は、粘度もひくく広げやすい速乾性の木工ボンドを多めにぬりたくって補強することにした。

Img_2751

ずいぶんと派手に塗ったので、見た目は汚くなったが、いずれにしても、これから甲板をとりつけていくので、ほどんど見えない部分になるので気にしていない。 あとはのんびりと太陽の日差しがあるときに、ベランダに出して乾燥させたり、ドライヤーをかけたりして落ち着くのを待つことにした。





|

« ■カティサークをつくる(6) | トップページ | ■カティサークをつくる(8) »

■002.帆船カティーサーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134195/57998330

この記事へのトラックバック一覧です: ■カティサークをつくる(7):

« ■カティサークをつくる(6) | トップページ | ■カティサークをつくる(8) »