« ●1/350戦艦三笠をつくる(12) | トップページ | ●1/350戦艦三笠をつくる(14) »

2014年4月 2日 (水)

●1/350戦艦三笠をつくる(13)

メインの煙突まわりの塗装を少しやり直して、ドリルであけた穴を塞いで塗装もした。 そしてボート類を組み立てて接着していった。 煙突まわりの空中線が結構細いので、ボートを取り付ける際によく線にひっかかって、固定に苦労したが、なんとかこのような配置に落ち着いた。

20140402_mikasa_01

15.2㎝副砲14門をとりつけた。 これは接着剤をつけずに差し込めば可動式になって固定できた。

20140402_mikasa_02

船体上部にとりつける部品は、これでほとんど出来上がったのではないかと思う。あとは仮止めしている主要マストを接着固定して、空中線を張ったり、キャットウオークなどサイドの部品組み立てに入ろうと思う。

20140402_mikasa_03

|

« ●1/350戦艦三笠をつくる(12) | トップページ | ●1/350戦艦三笠をつくる(14) »

■010.ハセガワ戦艦三笠(1/350)」カテゴリの記事

コメント

 左右両舷に艦載艇が二列に並んでいますが、この間(単装砲が乗っているデッキの内側)に手すりのパーツがありませんでしたか?
 私が使ったライオンロアのエッチングのセットには手すりが入っていましたが、相当後になってその存在に気づいて往生しました。
 おそらくハセガワ純正のエッチングキットだと思いますので、そのような手すりがあるかどうかは不明ですが、もしあったとしても、この段階ならまだ簡単に接着できます。

投稿: 本間優太郎 | 2014年4月 3日 (木) 09時14分

本間さん、仰る通りですが、小田原にでかけますので、また帰ってきてからゆっくり手すりをつけたいと思います。ありがとうございます。

投稿: 管理人 | 2014年4月 3日 (木) 09時30分

本間さん、小田原に行く前にチェックしましたが、わたしの買い求めたハセガワ純正のエッチングキットには、内側の手すりはありませんでした。 

投稿: 管理人 | 2014年4月 3日 (木) 19時13分

 キットによって内容が違うものですね。私は後で気付いて往生しました。この手のエッチングの説明書はあまり親切ではありません。
 小田原までご苦労様です。ご安全に。

投稿: 本間優太郎 | 2014年4月 3日 (木) 23時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134195/55619797

この記事へのトラックバック一覧です: ●1/350戦艦三笠をつくる(13):

« ●1/350戦艦三笠をつくる(12) | トップページ | ●1/350戦艦三笠をつくる(14) »