« ●1/350戦艦三笠をつくる(11) | トップページ | ●1/350戦艦三笠をつくる(13) »

2014年3月29日 (土)

●1/350戦艦三笠をつくる(12)

r煙突からのワイヤーを張る作業にはいったが、0.3号(0.1㎜径)のメタルリギングを張るのは意外に難しかった。 相当激しく引っ張らないと煙突にドリルで穴をあけてくっつけておいたメタル線が放物線を描いてしまい、まっすくにワイヤーが張れないことがわかった。 しかたないので、船体にもドリルで穴をあけて、そこにワイヤーを通して、そのワイヤーを船体中央部に集め、それをピンセットで引っ張り、マスキングテープで固定しながら、ワイヤの穴の入り口に接着剤を流し込んで、固定できるまで待つことにした。

20140329_mikasa_01

ボンドといえども、なかなかプラスチックの脆弱な部品に金属ワイヤーを固定するためには時間がかかり、なかなか前に進まないことがわかったのである。

20140329_mikasa_02

なんとか張り終えたが、前から見ると、煙突からのワイヤーが一部放物線を描いているのがわかる。 ワイヤーでなく、普通の糸で加工したほうがよかったかもしれない.......と反省中.......しかし、もう引き返せないので、これはこのままで進めていくことにした。

20140329_mikasa_03

ワイヤーを張るために、あちこちにドリルで穴を開けたので、その部分はセメント接着剤を流しこんでしばらく乾燥させることにした。 また、あとから再塗装が必要だが、これだけ込み入ってしまうと、スプレーというわけにもいかないので、筆塗りをしないといけない。 多少の筆ムラは出るだろうが.........まあ、いつもの不器用な私らしい仕上がりになりそうだ(笑)

20140329_mikasa_04

|

« ●1/350戦艦三笠をつくる(11) | トップページ | ●1/350戦艦三笠をつくる(13) »

■010.ハセガワ戦艦三笠(1/350)」カテゴリの記事

コメント

 曲線はカテナリーですね。殆ど真っ直ぐで、しかも少し懸垂している位の方が、むしろリアルに出来ているのでは?
 

投稿: 本間優太郎 | 2014年3月29日 (土) 20時40分

本間さん、学がありますよね。カテナリーという言葉の意味も知りませんでしたよ(笑).....まあ、くじけずに、とにかく完成させることにします。今後もアドバイスよろしく!!

投稿: 管理人 | 2014年3月31日 (月) 12時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134195/55566160

この記事へのトラックバック一覧です: ●1/350戦艦三笠をつくる(12):

« ●1/350戦艦三笠をつくる(11) | トップページ | ●1/350戦艦三笠をつくる(13) »