« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

●1/250赤城をつくる(84)

赤城の周辺パーツの取り付け作業もほぼ終了した。 まだまだ、色んな改良が必要な箇所はあるとおもうが、とりあえず、艦載機の制作にとりかかるため、本体はこれで一応完成ということにして、細かいアンテナなどが触って折れたり、ほこりをかぶったりしないように、別売りのアクリルケースに収納しておくことにした。

まず、長い間、部屋の中に放置していたので、一度、外に出して太陽光にあててみることにした。

20130331_akagi_07

1時間ほど放置しておいたものを、部屋に取り込み、デカールを貼ったり、旗をとりつけたりして、一応の完成とした。

20130331_akagi_01

20130331_akagi_02_3

20130327_akagi_04

旗のとりつけ糸はもっとルーズにだらしたほうがよかったかもしれない。

20130331_akagi_03_4

後のあかぎのデカールも格好いい。

20130331_akagi_04_2

後からの眺めもなかなかである。

20130331_akagi_06_3

それでは、次は艦載機の制作にかかります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年3月23日 (土)

●1/250赤城をつくる(83)

いよいよ99号になってきた。残すところ100号を残すのみとなった。 とはいっても、艦載機はほとんど出来ていないし、アンテナの空中線貼りなどはこれからである。 今日はとりあえず、測距儀の取り付け艦橋前のアンテナの取り付けをおこなった。

20130303_akagi_02

次は人員救助網の取り付けをした。

20130323_akagi_01

下から見ると、こんな具合になってきた。

20130323_akagi_03

全体を撮影してみると、こんな感じに........。

20130323_akagi_04

余裕かまして、こんな悪戯もしてみた。

20130323__01








| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月20日 (水)

●1/250赤城をつくる(82)

落下防止柵をとりつけたところ。左舷の落下防止柵の間が1ミリ開いていないのはミスだが、接着してしまったんで、このままにしておくことにする。

20130320_akagi_01

左右のカッターボートを布バンドで固定する作業。これはなんだか楽しい作業。

20130320_akagi_02




| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月17日 (日)

●1/250赤城をつくる(81)

少し前から、気にしていたのだが、艦橋と艦橋下の構造物の間に、妙におおきな隙間が空いてしまっていることである。 これは甲板の角度調整などにより艦橋そのものの位置が上がってしまったことが原因なのか、それとも、ディアゴス特有の設計ミスか?.........。

20130317_akagi_01

もう、ディアゴスの赤城については、サポートも終了し、過去の本も完売状態になっているし、今更、不足を言ってみても誰も聞いてはくれない。 とりあえず、この3ミリくらいの隙間を埋めるべく、厚いプラ板と薄いプラ板を組み合わせて3枚をサンドイッチにして、形を切り抜いて、形状をやすりで合わせながら削っていった。

20130317_akagi_02

少し削ってから、サーフェイサー、海軍色の順にスプレーして、仕上げて、その部材を間に差し込んで接着剤で固定した。
20130317_akagi_03

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年3月16日 (土)

●1/250赤城をつくる(80)

模型のお師匠さんに励まされたこともあり、最後のほうで一つくらい、自分オリジナルの加工ができないかと思い、この遮風柵について、多少手を加えることにした。 結局、遮風柵の収納部分をすべて甲板ごと切り落とすことにした。 

20130309_akagi_01

裏から薄いプラ板の上にプラ板で遮風柵受けのようなもの(?)を組み立てて、さきほどのくりぬいた場所に裏側から貼り付けることにしたのである。

201303016_akagi_02

プラ板でつくりあげたものを、塗装して甲板にくっつけると、このような形になる。

20130316_akagi_03

さらに、地元の模型の師匠の嶋田氏に聞くと、赤城の遮風柵は油圧式でなく、起倒式で、ワイヤーで滑車を使って引っ張っていたと教えられたので、とりあえず、滑車までの細部の加工は私には無理なので、ロープだけ表現して、遮風柵1ユニット毎に甲板と真鍮線を切り取ったものを接着することにした。 なんとなく、前部立てた状態でなく、少し斜めにしておいたほうが格好がいいように思ったので、遮風柵の角度はこのような角度にして固定した。

20130316_akagi_04

本体に甲板を載せたが、この遮風柵の加工により、甲板の取り外しができなくなり(甲板が微妙に浮き上がって見ずらい)、結局、中のエレベーターの位置を固定した上で、この甲板も船体に接着固定することにした。

20130316_akagi_05




| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月14日 (木)

●1/250赤城をつくる(79)

第一エレベータの前後の、遮風柵のとりつけは、ディアゴのテキストでは表面に貼り付けるだけであるが、そのまま貼り付けると、かなり段差ができてしまうので、その部分の甲板模様の台紙を両面テープごと切り取ってしまうことにした。

20130314_akagi_01

切り取った部分に遮風柵のエッチングをはめこむと、高さがほぼフラットになった。だが......しかし、ここまでやったら、遮風柵を立てて飾っておきたくなった。 この切り取った部分はどのように加工しようか?.......また、遮風柵をたてておくためにどんな加工をすればいいのか?......考案中である。 プロの方たちのようなこともできないので、単に軍艦色を塗っておくというのも一つの手だと思うのだが。

20130314_akagi_02

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »