« ●1/250赤城をつくる(66) | トップページ | ●1/250赤城をつくる(68) »

2012年11月25日 (日)

●1/250赤城をつくる(67)

結局、これから艦橋を取り付けたりする際には、このままでは製作が難しく感じたので、甲板を接着してしまうことにした。 ただし、接着したのは赤い部分のみであり、第一甲板、第二甲板は接着していない。 

20121125_akagi_01

特に第二甲板だけは、なんとか接着せずに取り外しをしようと考えている。 エレベーター等のストッパーはないので、プラ板でストッパーの板を張り付けてみた。 こうすこし目立たないようにしたいが、とりあえず、見えない部分はおおざっぱに仕上げた。

20121125_akagi_02_2

ちょっと、あまりにも不細工!?.............(笑)

20121125_akagi_03

とにかく、甲板を固定してから、すこし気分が落ち着いてきた。 薄いプラバンで作った甲板は印刷紙を木工ボンドで貼りつけると、どうしてもそりがでてきてしまうし、いつまでたっても上部がガタガタして不安定であった。

20121125_akagi_04

|

« ●1/250赤城をつくる(66) | トップページ | ●1/250赤城をつくる(68) »

■006.ディアゴス空母「赤城」(1/250)」カテゴリの記事

コメント

 これは一つのアイデアですね。こういう解決方法は思いつきませんでした。少なくとも前方エレベータのディスプレイは時々の気分で変えられますね。しかも全体として上部飛行甲板の「ひわり」は目立ちません。感服しました。

投稿: 本間優太郎 | 2012年11月25日 (日) 23時54分

>本間さん、ありがとうございます。師匠にお褒めの言葉をいただくと、舞い上がりそうなくらいうれしいものです。 それにしても、本間さんの作られた赤城は、本物みたいですね。見ていて溜息がでるほどです。私には到底マネができませんが、少しでも近づきたいと思っています。

投稿: 管理人 | 2012年11月26日 (月) 09時32分

 私も大和魂さんやヤマツクの仲間に助けられて何とか出来ました。頑張って渾身の一艦を作って下さい。

投稿: 本間優太郎 | 2012年11月26日 (月) 10時57分

遅れてゴメンネ書き込みと云う事で・・。
 優太郎さんからの折角のアドバイスでしたが・・気に成るので・・お知らせします。
 プラ板に接着剤を使って紙製品を貼り付ける場合。
①プラ板の貼り付け面をサンドペーパー等で“荒らし”て接着する。
特に木工ボンドとプラ板は相性が悪いので・・ヤガテ・・ラップ状になって・・剥れます。
その時には・・エポキシ系の接着剤をお勧めします。
②プラ板の歪み・・・これは紙とボンドの収縮で発生します。甲板の板筋目に沿って(船体の前・後に向かって)・・カッターで数本を筋上に切込みを入れ・・張力を分散する。
事をお勧めします。
ヤガテ・・その切り込み線に隙間が出来ますが・・その際は木工パテ等を塗りこんで目止めしてください。
甲板の板目には損傷無く補修できます。

投稿: 大和魂 | 2012年11月26日 (月) 14時10分

>大和魂さん、ギャー......もう、作業が終わってしまってます。 将来、剥がれてきたら考えることにして、先に進みます。だって、失敗して、おなじ部品を、もう3回くらい買いなおしてますから.....。(笑)

投稿: 管理人 | 2012年11月26日 (月) 17時27分

 大和魂さん有難うございます。HPに記載して作った木製甲板(デアゴ印刷厚紙使用)は今のところ何の影響もなくそのままなので仮にこういう変化が起きるにしても先の話ではないかと思いますが。経木を木工用ボンドで貼って作った本番の飛行甲板にも現在は何の変化もありません。
 いずれにせよオリジナルの木製のベースに紙の甲板ではもっと悲惨なことになるのではと思います。

投稿: 本間優太郎 | 2012年11月26日 (月) 22時26分

ン~・・優太郎さん余計な事を申して・・スンマセン。
プラ板と木工ボンドの場合・・経年劣化等での自然剥離は在りませんが・・・故意に剥がす時には・・非常に簡単に・・多分??大和の塩ビケースのあの表面紙を剥がすよりも・・簡単に・・ラップの様に剥れます。
これはメリットでも有り・・デメリットでもあります。
その点をお伝えしたかったので~・・。
 いずれにしても・・表面がツルツルな状態で貼るのではなく・・ペーパーで(800番くらい)表面を荒らしてから作業すれば・・接着面積が増加しますので・・ヨリ剥れ難い状態に成る訳です。
以前銅板に・・缶スプレー糊で接着をしました。
硬化すると両面テープで貼った様な粘着力で剥がし難かったのを覚えて居ます。
イズレにしても・・紙の場合はこれと言った接着剤が見つかりませんが・・・エポキシが善いようです。

投稿: 大和魂 | 2012年11月27日 (火) 12時46分

大和魂さん、本間さん......ふたりの師匠に囲まれて幸せでございます。まあ、様子を見ながら、将来、修復が必要になれば、そのときにまた考えることにします。 とにかく、前へ進まねば........(笑)

投稿: 管理人 | 2012年11月27日 (火) 21時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134195/47975323

この記事へのトラックバック一覧です: ●1/250赤城をつくる(67):

« ●1/250赤城をつくる(66) | トップページ | ●1/250赤城をつくる(68) »