« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月18日 (火)

●1/250赤城をつくる(62)

100号(最終号)でこの部品の取り換えが示されることを、他の製作者さんのブログで発見したので、先に100号の部品を取り出して、最初からそれを船体につけることにした。

船体側に筋状に板のさしこみ穴をつくるように書いてあったが、私はこの金属パーツを削って形をあわせることにした。 接着面の隙間は、エポキシパテで埋めることとした。

20120917_akagi_01

左右にこのようにデッキをとりつけた。

20120917_akagi_02

今度は艦首の飛行甲板下の支柱つくりをした。 支柱の甲板との接着部分は枠の大きさがあわないので、かなり削ってしまった。 

20120917_akagi_03

支柱と甲板の間の細い支持棒は、ディアゴの金属棒が非常に硬くて、加工しにくかったので、強度的に問題があるかもしれないが、少しだけ細めのプラ棒を加工してこのように作ることにした。

20120917_akagi_04

こんな感じで、支柱の位置を確認してみたが、以前、わたしのお師匠様から聞いていたとおり、洗い場のようなところに左奥の支柱が着地して具合が悪い。

20120917_akagi_05

師匠から聞いていたので、あわてず、木片をけずってパテで穴埋めして、柱を受ける場所を拡張することにした。

20120917_akagi_07

そこで再度、甲板をのせると、このように支柱がぴったりと合っているように見える。

20120917_akagi_08

デッキの下に支柱をくっつけて、このようにしている。 これもディアゴの指定サイズでやるとどういうわけか、舷窓に重なったりするので、適当に長さを調整している。

20120917_akagi_09

だんだんと空母らしい姿になってきたので、わくわくする。

20120917_akagi_10

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年9月 9日 (日)

●1/250赤城をつくる(61)

20120909_akagi_08

二階部分を作って放置しておいたが、あれだけ余裕ではいっていたものが、今はめ込もうとすると、ほとんど余裕がなく、かなり力を入れてはめこむと、もう取り外せないほどになっている。 やはり、塗装などするとかなり厚みが増すのだということを実感。

20120909_akagi_09

お師匠さんから、飛行甲板について、どのようにするか考えておかないといけないというアドバイスをいただいた。 ディアゴでは甲板は木製の板が用意されているが、どうも、薄い板であるため、時間がたつと変形してくるらしい。 変形防止のために完全に船体に接着してしまう方法もあるらしいが、それもおもしろくないので、変形しないプラ板を買ってきて、甲板を自作することにした。 まず、12ミリ厚のプラ板をディアゴの木製の甲板より2ミリづつダウンサイズしたものを切り取ることにした。

20120909_akagi_01

2ミリ幅のトユ状のものを買ってきて、まわりに貼り付けることにした。

20120909_akagi_02

拡大するとこんなふうにトユが木製甲板のまわりを走っているような感じになっている。

20120909_akagi_03_2

裏面とトユの部分だけ、サーフェイサーを噴いて、佐世保海軍色で着色した。 甲板の模様を印刷した紙を貼る際に、一部紙に大きな傷をつけてしまったので、部分を切り取って、模様をあわせて貼りつけたが、どうもよく目立つので、エイヤーと左3列(飛行機止めの点の数)部分を全部切り取って、残った紙を合わせて接着することにした。 しかし、こうしてみると接着面がよくわかる部分ができてしまった。 また、あとで何か目立たないようにする方法を考えてみたい。

20120909_akagi_04

甲板下のトラスのようなものを貼りつけてみる。 上級者はこのトラスが、すこし厚みがありすぎるので、自作されているようであるが、私にはそんな技術もないので、ここはディアゴスの用意した金属パーツをそのまま使用した。

20120909_akagi_05

こんな感じにあわせて、なんとか中心線が合い、きっちりとはまって満足である。だが、この甲板......エレベーターの開口位置が微妙にずれているとのお師匠様のアドバイスの中にあったが、どのように自作の甲板の穴合わせをしていけばいいのか、若干悩むところである。 とりあえず、甲板製作までに、船体に艤装していかなければならないので、そちらに戻ることにした。

20120909_akagi_07

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年9月 4日 (火)

●1/250赤城をつくる(60)

私の模型のお師匠さんには、ここまできたら、部品の隙間を埋めるのはエポキシパテがよいと教えられたのが、タミヤパテベーシックで処置した後であった。 さすがに船体の着色を終えてからタミヤパテで処理すると、まわりがパテで汚されて、結局、パテをやすりがけする際に多くの塗装部分を剥がさなければならず、剥がした部分にはメタルプライマを手塗りして再塗装しなければならない。しかも仕上げはどうも美しいとは言い難い。 実はこの部分の奥の側はエポキシパテで埋めているが、さすがにその部分の仕上がりが美しい。 

20120904_akagi_01

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年9月 2日 (日)

●1/250赤城をつくる(59)

船体から離れて、艤装用品(?)の組み立てをしている。たくさんの部品が別途組み立てられている。

20120902_akagi_4

すこしづつ、順番に船体に取り付けれるものから取り付けることにした。まずは、木材置き場の組み立て.........まさに何の工夫もない素組みである。 ただ、材木らしさを出すためのオイルステインで表面を汚してみたくらいしか工夫していない。

20120902_akagi_01

赤城の一番目立つところだけど、これも見えないところは省略........素組みでしあげた。

20120902_akagi_02

高射砲の土台下の部品と船体に隙間があいてしまって気になるので、ここはパテ塗りをしてごまかすことにしている。

20120902_akagi_03

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »