« ●1/250赤城をつくる(49) | トップページ | ●太刀魚のバター醤油焼き »

2012年6月24日 (日)

●1/250赤城をつくる(50)

木工パテを充分に乾かしてから、さらに、ヤスリで表面のパテを落として、再度、ピンバイスで穴あけをして、もう一度表面にサーフェイサーを噴いた。 前部はこのように、ペインバイスでの穴あけ位置を変えた(前回ずれていたようなので)関係で、前回あけた穴の部分が少しくぼんで見えているのがわかる。

20120624_akagi_01

中央部分である。ここも、もうすこしやすりをかけないといけない部分がある。

20120624_akagi_02

後部はこのように、まだ、表面がガタガタの部分があるので、さらにパテ塗りやヤスリがけが必要と思われる。

20120624_akagi_03

窓の上に小屋根をつける加工をするのは、もう少し表面処理ができて、きれいになってからとしたい。

|

« ●1/250赤城をつくる(49) | トップページ | ●太刀魚のバター醤油焼き »

■006.ディアゴス空母「赤城」(1/250)」カテゴリの記事

コメント

 テストに2-3個付けてみてはどうですか?きっと、この一週間の苦労を忘れるぐらいに満足されると思いますよ。
 お手持ちの輪は少し大きそうなので1/3にニッパーで切って貼られるのが丁度良いように思います。
 それでは頑張ってください。

投稿: 本間優太郎 | 2012年6月24日 (日) 22時08分

>本間さん、ありがとうございます。もう少し下地をきれいにしてから、その作業にかかりたいと思います。

投稿: 管理人 | 2012年6月25日 (月) 12時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134195/45833566

この記事へのトラックバック一覧です: ●1/250赤城をつくる(50):

« ●1/250赤城をつくる(49) | トップページ | ●太刀魚のバター醤油焼き »