« ●1/250赤城をつくる(45) | トップページ | ●1/250赤城をつくる(47) »

2012年6月 3日 (日)

●1/250赤城をつくる(46)

格納庫上面に板をはり、多少段差になった部分は、付属のパーツを貼り付けたり、パテを塗ったりして、上面を揃える作業を行った。

20120603_akagi_5

いよいよ、上部および中部格納庫の上面の高さを確認することになる。鑑底と平行になっている部分の高さを測っています。

20120603_akagi_4

見る限り、115ミリくらいの高さになっているようです。次に前部のほうが2ミリほど低くなっている必要があるのだが、最初は115ミリほどあって、甲板が前部に下降気味になっていないことがわかったので、ベース部分にやすりをかけて調整した。

20120603_akagi_3_2

だいたい113ミリくらいになったので、これでよしとした。 次に後部の高さが7ミリほど低くなるように調整せよと書いてあるので、測定してみると

20120603_akagi_1_2

107ミリ程度になった。中央の115ミリ-107ミリ=8ミリとなる。7ミリになるのが理想だが、このあたりは誤差範囲ということで先に進むこととした。




|

« ●1/250赤城をつくる(45) | トップページ | ●1/250赤城をつくる(47) »

■006.ディアゴス空母「赤城」(1/250)」カテゴリの記事

コメント

 舷窓の穴あけご苦労様でした。太さの違う2種類のドリルを使うというのは名案だと思いました。ドリルだけですとどうしても穴に木の繊維が毛羽立つので、断面が円の錐状のヤスリがあるので、一寸大変ですが、空けた穴に入れてクルクルと回して整形すると仕上がりが綺麗になります。
 ところで、オフ会には何とか赤城を持ち込もうと思っています。楽しみにしております。
 それではまた。

投稿: 本間優太郎 | 2012年6月 3日 (日) 23時20分

>本間さん、オフ会では、ものすごい赤城やどえらい大和を見せていただけそうなので、楽しみで夢膨らませています。その節はよろしくお願いします。あっ.....円錐状のヤスリは間違いなくかけるようにします。ありがとうございます。

投稿: 管理人 | 2012年6月 4日 (月) 10時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134195/45516669

この記事へのトラックバック一覧です: ●1/250赤城をつくる(46):

« ●1/250赤城をつくる(45) | トップページ | ●1/250赤城をつくる(47) »