« ●1/250赤城をつくる(41) | トップページ | ●1/250赤城をつくる(43) »

2012年4月30日 (月)

●1/250赤城をつくる(42)

20120530_akagi_01

下部格納庫の失敗から立ち直り、とりあえず、下部格納庫の柱を立ててから、上部格納庫の前部、中央、下部トレーをそれぞれ作ってみた。 エレベーターの装置組み立てがあまりに工程が多かったので、このトレー製作は非常に簡単に感じた。

20120530_akagi_02_2

それぞれのトレーをはめ込んでみた。前部と後部はすっきりと楽に入ったが、中部トレーのみ少し窮屈であったが、少し手で艦上構造物の左右を押し広げて、入れると、なんとかはまった。

それぞれのトレーがちゃんと正常にはまっているのかを、水平機をあてて、確認してみた。

20120530_akagi_05_2

20120530_akagi_04_4

20120530_akaigi_03_3



まあ、これもあまりあてにはできないが、トレーの上部が左右の構造物と同じ高さのところや、やや高いところがあり、果たしてどのようになるのが正常なのかわからないが、とりあえず、こうしてはめこんでおくこととした。

まずは、ここまで.........。

20120530_akagi_06





|

« ●1/250赤城をつくる(41) | トップページ | ●1/250赤城をつくる(43) »

■006.ディアゴス空母「赤城」(1/250)」カテゴリの記事

コメント

本間です
 いつも丁寧に仕上げられていて、拝見して楽しくなります。
 次は舷窓空けですが、先に艦首艦尾のエッチング板をセットされる方が経験上良いように思います。くれぐれも、デアゴの説明のように「船体に合わせてエッチング板」を切らずに、エッチングに合わせて船体を削ったりパテ盛りをして調整してください。

http://homepage2.nifty.com/yhonma/D_akagi_a.htm#ke

 この調整を行う場所に窓があるとやり直しになるので、先にこちらの作業をしたほうが二度手間にならないわけです。
 窓空けだけでも大変ですが、折角の大艦ですので、一工夫されてはいかがでしょう。

http://homepage2.nifty.com/yhonma/D_akagi_a.htm#kc

 それではまた。頑張ってください。

投稿: 本間優太郎 | 2012年4月30日 (月) 20時08分

>本間さん、いつもありがとうございます。丁寧にしあげていると褒めていただいて、うれしくなりました。本間さんのアドバイスがなかったら、今頃赤城の製作はあきらめていたでしょう。 アドバイスいただいた件は、よく注意してやっていこうと思っています。まず、船首、船尾のエッチングを張り付けて、調整をはじめようと思います。

投稿: 管理人 | 2012年5月 1日 (火) 11時32分

 甲板のエッチングは先に塗装したほうが楽かもしれませんが、養生はしっかりされた方が良いでしょう。結構簡単に傷が付いてしまいますのでご用心を。
 窓開けと機雷避けコード(舷外電路)はエッチングを貼って船体調整後で大丈夫です。
 ところで舷外電路は創刊号の写真と組み立て時の解説が違っています。私としては創刊号の写真のほうが正しいと思っています(ハセガワの1/350もそうなっています)。困ったものですが、私としては創刊号の写真に合わせるほうをお勧めします。
 がんばってください。

投稿: 本間優太郎 | 2012年5月 1日 (火) 20時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134195/45081863

この記事へのトラックバック一覧です: ●1/250赤城をつくる(42):

« ●1/250赤城をつくる(41) | トップページ | ●1/250赤城をつくる(43) »