« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月29日 (火)

●1/250赤城をつくる(31)

熱湯につけてバラした前部エレベーターは、乾燥とともに板がそりくりかえってくるので、お師匠様のアドバイスにしたがい、妻に家で余っているアイロンをさしださせ、自分専用のものとし、アイロンがけをすると、このようにきっちりとそり、ゆがみが修復できた。

20111129_akagi_01

さらに、船尾にのびている防御板が、実際には舵のところまで伸びていたはずであるということも師匠に教えられ、せっかくきれいに成型した防御版にさらに、数センチの板を切り取って貼り付けて、これまでの防御版との段差にパテ塗りをしておいた。また、休みの日にゆっくり、庭でやすりをかけて形を整える予定である。

20111129_akagi_02_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月27日 (日)

●1/250赤城をつくる(30)

20111127_akagi_01_2

エレベーターはディアゴスの教科書どおり組み立ててしまうと、あとの工程で非常に組み立てが困難になると、私のお師匠様からアドバイスをいただいたので、あわてて、熱湯につけて、エレベーターをいったんバラすことにした。

20111127_akagi_02

熱湯につけたので、乾くと同時に板が反ってしまうので、まっすぐな板を2枚用意し、しばらく万力で圧縮して、板のそりをなくすようにしてみた。

20111127_akagi_03_2

まったく、ディアゴスの組み立てには、なんども泣かされてきた。まあ、このくらいのやりなおしで済むのなら仕方ないが.............。お師匠様にアドバイスいただいていなければ、ずいぶん先で、頭の痛い思いをしていたと思うと、ゾッとする。 ゼロ戦をつくるの時にも、頭にきたことが何度もあったが........本当に、ディアゴスという会社には、あきれることが多くなってきている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月26日 (土)

●1/250赤城をつくる(29)

左前の格納庫の作成である。削りすぎて形がかわらないように、さっと簡単にやすりがけをした。

20111126_akagi_01

前部エレベーターの作成である。まず、垂直に、左右の木と木の接合部がはみださないようになるべく正確にはりあわせることに気をつけた。

20111126_akagi_02

カッターナイフを使って、6センチの角材を貼り付けていく作業、一本一本丁寧に貼り付けていく作業である。

20111126_akagi_03

出っ張った部分を切り取り、やすりできれいに揃える作業である。

20111126_akagi_04

前部エレベーターの仮組みをしている。中部格納庫の床材の穴が小さくて、エレベーターがはまらないので、紙やすりで均等に削って穴を広げなければならない。 とりあえず今はすこしきついめに仕上げておきたい。

20111126_akagi05_2

今日はここまでとした。








| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年11月23日 (水)

●1/250赤城をつくる(28)

手を怪我してから、約1ヶ月になるが、ようやく完治したので、赤城の製作にとりかかることにした。

20111122_akagi_3

船体の削りだしはこの程度まで進めてきたので、途中で置いておくことにし、次の号へと進めることにした。

艦首側の格納庫の製作である。局面部分は角材を切って、削ってはりあわせることになっていた。側面の板も多少ねじれが生じるような感じだったので、このようにゴムなどでしっかりと固定して接着剤が固まるのを待った。

20111122_akagi_1

はみ出した部分をカッターで切り取り、全体を均一にやすりがけして、すこしの段差が生じる場所にはパテを塗ってから、さらに削った。まずはこのあたりで今日の作業は終わる。

20111122_akagi_2




| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »