« ●1/250赤城をつくる(30) | トップページ | ●ポークソテーきのこクリームソースと柿サラダ »

2011年11月29日 (火)

●1/250赤城をつくる(31)

熱湯につけてバラした前部エレベーターは、乾燥とともに板がそりくりかえってくるので、お師匠様のアドバイスにしたがい、妻に家で余っているアイロンをさしださせ、自分専用のものとし、アイロンがけをすると、このようにきっちりとそり、ゆがみが修復できた。

20111129_akagi_01

さらに、船尾にのびている防御板が、実際には舵のところまで伸びていたはずであるということも師匠に教えられ、せっかくきれいに成型した防御版にさらに、数センチの板を切り取って貼り付けて、これまでの防御版との段差にパテ塗りをしておいた。また、休みの日にゆっくり、庭でやすりをかけて形を整える予定である。

20111129_akagi_02_2


|

« ●1/250赤城をつくる(30) | トップページ | ●ポークソテーきのこクリームソースと柿サラダ »

■006.ディアゴス空母「赤城」(1/250)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134195/43193650

この記事へのトラックバック一覧です: ●1/250赤城をつくる(31):

« ●1/250赤城をつくる(30) | トップページ | ●ポークソテーきのこクリームソースと柿サラダ »