« ●零戦を作る(109) | トップページ | ●零戦を作る(111) »

2011年8月14日 (日)

●零戦を作る(110)

完成が近いとよろこんだのもつかの間、エンジンを取り付ける段階で、いろんな問題点が噴出してきたのであった。 エンジンをとりつける4つの穴に、足がなかなか入らず、エンジン本体を手で握っている間に、カウルフラップがほとんど外れてしまって、カウルフラップの取り付け金具を、接着しなおさないといけなくなった。 しかも、エンジンを取り付けてからの作業なので、反対側から接着しないといけないので大変であった。

また、エンジンをとりつけると、下部空気取り入れ口まわりの板の形状がまったくあわないことに気がついて、修正している間に、主翼と胴体の接合部の隙間をカバーしていた板もベリベリとはがさないといけないことになったし、空気取り入れ口そのものも、はずし取らないと胴体にエンジンが入り込まないこともわかった。 空気取り入れ口の組み立ては、この段階まで待ってから作業開始したほうがいいように思う。

20110815_zero_11

接着面のボンドのかたまりなどを、電動やすりで削り取り、エンジンの吸入口にあわせて接着しなおした。

20110815_zero_12_2

このような感じになった。 ただ、隙間をうめる微妙な形の部品は強制的に剥がし取ったので、形状もグチャグチャになっていて、下に戻せないので、自分で、これまでの板の余りを加工して貼り付けることにした。

20110815_zero_14

それにしても、写真中央の赤丸の中の、外板をマイクロネジで本体に止める部分のネジはほとんどまともにいかず、ネジは入りきらずに中途半端になっており、一部は斜めにネジがはいっているものがあり、見栄えが悪い。

20110815_zero_15

裏面もこんな感じで、板を加工して貼り付けてから、塗装をすることにした。

20110815_zero_17

|

« ●零戦を作る(109) | トップページ | ●零戦を作る(111) »

■005.ディアゴスゼロ戦(1/32)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134195/41219408

この記事へのトラックバック一覧です: ●零戦を作る(110):

« ●零戦を作る(109) | トップページ | ●零戦を作る(111) »