« ●零戦を作る(107) | トップページ | ●零戦を作る(109) »

2011年8月11日 (木)

●零戦を作る(108)

前回、尾翼のうちの右翼の角度が微妙に違っているので、手で右翼の角度をかえてやって、なんとか解決したと思っていたのだが.......。

なんと、右側の尾翼の接着がはずれてしまい、グラグラとしていることに気がついた。

なんとか、押し戻して、大きな補修をしなくてもいいようにと思って、押し込んでみたが、シャフトが内部で外れてしまったようで、中に押し込めない。

こうなったら、右翼を取り出して、やり直さないと....

ベリベリっと音がして、小骨がひん曲がって右翼がやっと取れた。

20110815_zero_02

とりだしてから、尾翼のひんまがった小骨を元の位置に接着剤で貼り付けた。 しかも、右尾翼の角度が微妙にまがっていた原因は、シャフトの太さに対して、小骨に開いていた穴が小さくて、無理やりつっこんだために、小骨がゆがんでしまっていたからであることがわかった。 そこで、再度、穴を丸やすりを入れて大きくしてから、5本のうち4本のシャフトに接着剤をつけて尾翼を差込み、ぐにゃぐにゃになった、根元のカバー板をプラスチックの棒を使ってすこづつ尾翼に押さえつけて接着した。

20110815_zero_03_2

比較的、大手術だったが、おかげで、尾翼の角度に狂いがなくなり、強度も増したのでよかった。 それにしても、自分がいかに荒っぽい性格かが.....よくわかり、模型製作に向いていないのではないかと考えてしまった。 でも、このブログに書いているように、『楽しければ.....下手でもかまわない』と割り切ることにした。.


|

« ●零戦を作る(107) | トップページ | ●零戦を作る(109) »

■005.ディアゴスゼロ戦(1/32)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134195/41219105

この記事へのトラックバック一覧です: ●零戦を作る(108):

« ●零戦を作る(107) | トップページ | ●零戦を作る(109) »