« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月31日 (日)

●零戦をつくる(105)

カウリングの組み立て、塗装は、正直いって一回目は失敗した。カウリングのパーツのあわせ部分がかなりラフにできているために、かなりあわせ面に隙間が空いたりした仕上がりとなってしまったからである。 また、かなり、パーツとパーツの間に隙間ができるので、これをパテで埋めたりした関係で、サーフェイサーを噴いて、紙やすりで表面修正をしてから再塗装した。 また、カウリングの止め金具もネジの取り付けにかなり手間取ってしまった。(マイクロネジをピンセットではじきとばしてネジの所在を何度捜索したかわからない)

20110731_zero_1

20110731_zero_2

操縦席後方の風防したの塗装も、カウリング色で塗装する。マスキングテープを使って、スプレーによる塗装をおこなった。

20110731_zero_4





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月22日 (金)

●零戦をつくる(104)

外板をほとんど貼り終え、あとはエンジン部分や、胴体、尾部の結合などが残っているはずだが.........たしか100号までだったので、ディアゴスの零戦をつくるも次回が最終号となるはずである。 しかしながら、あと1号ですべて完成させることができるのだろうか? 

20110722_zero_3

まだまだ、工数多く残しているような気がするのだが..........。

20110722_zero_5

なんども組み合わせているが、微妙にずれているような気がしてならない。塗装するまでにいかに修正するかである。

20110722_zero_9

組み合わせてみると、前部のエンジン部分を残して、ほぼ形としては完成していることになる。 それにしても、まだまだ終わらないような気がしてならない。

20110722_zero_8


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月20日 (水)

●零戦をつくる(103)

エンジンおよびエンジンカウルと組み立てていく工程である。 このように円形部分の接着は、しばらくこうして固定しておかないとなかなかくっつかない。

20110722_zero_2
エンジンはこれまで、組み立てておいてきた部品を4から5つ組み合わせる作業であった。特に難しい作業ではなかったが、ディストリビューターのコードを気化器パーツのくぼみに接着するのが少し手間取った。

20110722_zero_6

別の角度から見ると........。

20110722_zero_7




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月19日 (火)

●零戦をつくる(102)

増槽タンクの予備ができたので、ひとつは予備として飾る予定である。 何かの雑誌に漫画で増槽の整備作業をしている図があったので、それを真似て木で作業台を作った。 表面はオイルステインを布で塗って完成とした。

20110722_zero_11

20110722_zero_10


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月12日 (火)

●零戦をつくる(101)

増槽のパテ塗りをして、やすりで表面をなめらかにした後、表面にサーフェイサーを噴いてから、アメ色で塗装をした。 師匠の指導のとおりに、栓の色を赤で塗った。 

20110712_zero_2

増槽中央に走っていた接合部のすじはこのように完全に消えてなくなった。

20110712_zero_1




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月10日 (日)

●零戦をつくる(100)

零戦の増槽は、組み立ててからランプを接続しても、ランプがつかないというアクシデントに見舞われた。 もともと、中の配線のハンダが取れていたり、なにか不吉な予感はしていたのだが、見事に的中してしまった。 しかも、増槽中央部の左右の部品は組み立てると、もうバラせないということがテキストにも書かれており、どうしようもなかった。 そこで、わが師匠に連絡をして、増槽を預けて修繕してもらうことにした。

20110710_zero_5

このように、零戦のタンクには栓がついていたはずだということで、丸い栓を作ってくれたり、後部には細かい筋が入っていたはずだということで、カッターで筋まで彫ってくれていた。

20110710_zero_4

接合部はどうしてはずしたのかしらないが、きれいに復元されていた。また、師匠が、この合わせ目のラインは当然隠すべくパテを塗って持ってきてくださったので、1200番のやすりで念入りに磨いて再塗装の準備をしておいた。 最後に、電池を入れて通電テストを実施したが、このとおり、ちゃんと灯がともった。 尚、ディアゴスにはすでにこの部品を発注してしまったので、予備の増槽として飾ることにした。

20110710_zero_6




| | コメント (0) | トラックバック (0)

●零戦をつくる(99)

エンジンを積み込む前の全体画像である。 増槽タンクは組み立てたが電気がつかないので保留中である。 そもそも、最初からハンダがはずれており、こちらでハンダを付け直したりしているが、どうもうまくいかない。 しかも、一度組み立てると分解できないので、どうしようもない。

20110710_zero_1

20110710_zero_2

20110710_zero_3





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 9日 (土)

●零戦をつくる(98)

カウルフラップを取り付ける前に、取付金具を接着することとした。

20110709_zero_01

ところどころ塗装が、剥がれる部分が出てきたが、カウルフラップをすべて金具の突起にあわせて取り付けたところである。

20110709_zero_02

カウルフラップを全開したときにはこのようになる。

20110709_zero_03_5


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 8日 (金)

●零戦をつくる(97)

零戦の胴体と尾部を仮止めして、アンテナを取り付ける作業であった。

20110709_zero_08

アンテナと尾翼とがほぼ垂直になっているかどうかの確認である。

20110709_zero_04

上記のように垂直尾翼とアンテナがほぼ重なることを確認して、胴体と尾部の接合部をみると、少し段差がでており、見た目が悪いが、これは後の号で何か修正するような部品などがあるのだろうか? 無いようなら自分で工夫してこの接合部を一体化するようにしないといけないと思っている。(画像下は右翼側からの接合部)

20110709_zero_05

写真下の画像は、左翼側の接合部である。

20110709_zero_06






| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »