« ●VOLKS 鉄道模型フェア | トップページ | ●零戦をつくる(93) »

2011年6月11日 (土)

●零戦をつくる(92)

応急浮泛装置開閉コックの取り付け.........しかし、なんでこれだけ組み立ててから取り付けなければならないのだろう。 ちょっと込み入ったところに穴があり、老眼鏡と拡大鏡とピンセットで悪戦苦闘してしまった。

20110611_zero_1_2

後部車輪の格納ができるような可動式になっていたのだが、尾輪覆いを取り付ける作業をなんどもしているうちに、ピストンの根元のピンを折ってしまった。 これだけのためにまた、ディアゴスのバックナンバーを注文するのも馬鹿げているし、どうせ車輪を出した状態で飾っておく予定なので、根元を尾輪を出した状態に固定してボンドで固定しておいた。

20110611_zero_2_2

胴体に外板を貼る工程である。足掛けパーツがうまく出てくるように場所をあわせて外板を貼る。

20110611_zero_3_2

下のように、足掛けが出て、ちょうど直角になるように調整できた。

20110611_zero_4_3

風防レールの下に外板との隙間が若干できたので、パテでうめておくことにした。

20110611_zero_5_2

左側の外板はこのように、風防レールとの隙間がなく、貼ることができた。 ちょっとして左右不対象のゼロ戦を作ろうとしているのだろうか(涙)

20110611_zero_6

胴体後部の外板貼りと、垂直尾翼の外板、および翼根元のフィレットの取り付けをした。

20110611_zero_7

かなり、接着剤と青竹色がにじみ出て、非常に汚れた状態だったが、接着剤の汚れ落としや塗料落としで何回か磨いて、写真のような状態になった。

20110611_zero_8

|

« ●VOLKS 鉄道模型フェア | トップページ | ●零戦をつくる(93) »

■005.ディアゴスゼロ戦(1/32)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134195/40353417

この記事へのトラックバック一覧です: ●零戦をつくる(92):

« ●VOLKS 鉄道模型フェア | トップページ | ●零戦をつくる(93) »