« ●零戦をつくる(81) | トップページ | ●零戦をつくる(83) »

2011年4月30日 (土)

●零戦をつくる(82)

以前、磨いたはずのプロペラをみて、友人が『磨き方が足らない』というので、コンパウンドの粗めでかなり磨いたあと、仕上げのコンパウンドで磨き終えた。 写真は、一枚だけ磨き終えたところ、他のペラよりもかなり光沢が増しているのがわかる。

20110430_zero_1

前部磨き終えたのを撮影してみた。 光の当たり具合で多少、光沢に見え方が違うようであるが、かなりの時間、磨いたので大変疲れた。

20110430_zero_5

主翼の外板に接着剤や、塗装色の汚れが目立っていたので、塗料落としでしばらくこすって綿棒でよごれをふき取ったあと、シンナーで翼全体を拭いてみた。 かなりきれいになった気がするが、これにメタルプライマーを噴いてから、全体をスプレーで着色する。 外板が全部貼れてから、着色をしていこうと思っている。

20110430_zero_3

離着陸の車輪の出方を表示する装置が無いのがさみしい。 その部品が届いてから残りの外板を貼る前にギアにかみあわせておく必要がある。

また、折りたたみ部分の翼と主翼に段差が生じている。昇降蛇と折りたたみ翼の間に余分の隙間が空いていて見苦しいので、あまっていた外板をカットして、赤丸の部分のように勝手にはりつけておいた。(着色したら、目立たなくなるかな?)

20110430_zero_4

 

|

« ●零戦をつくる(81) | トップページ | ●零戦をつくる(83) »

■005.ディアゴスゼロ戦(1/32)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134195/39812637

この記事へのトラックバック一覧です: ●零戦をつくる(82):

« ●零戦をつくる(81) | トップページ | ●零戦をつくる(83) »