« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月29日 (火)

●1/250赤城を作る(20)

艦載機の風防がやはり気になる。失敗したのがくやしいので、とにかく、もういちど挑戦することにして、ディアゴスのお取り寄せで風防のデカールを注文した。

20110329_akagi_01_2

風防を割り箸の上に両面テープでくっつけて、デカールを貼ってから、カッターナイフで余分な部分を切り取ってから、本体に接着するという工程が本来であるが、とにかくその方法で何度も失敗しているので、今度はできあがった機体の上からそのままデカールを所定の位置に貼り、乾いてから不要部分をカッターナイフで切り取る方法に変更した。

20110329_akagi_02_2

もちろん、アンテナなどはとりはずしてから、デカールをくっつけて、形を整えてから、艦船の空中線用に買っておいた真鍮線を細かく切って、アンテナとしてくっつけた。 なんだかミニチュアの飛行機のコレクションボックスみたいになった。

20110329_akagi_03_2

ボートが一艘、残っていたので、筆で着色して遊んだ。

20110329_akagi_04_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月21日 (月)

●1/250赤城をつくる(19)

赤城をつくるの木工製作(?)編でありましょうか? まず、船体をのせる4本の柱は、サーフェイサーを噴いてから、いきなりゴールドで着色するよりも、まず、船底色を塗装して、その上からゴールド塗装をしたほうが、仕上がりがきれいということだったので、そのとおりにした。

20110321_akagi_1_2

20110321_akagi_3_2

台座は組み立ててから、今回は木工ニスを塗らずに、このあいだ、木好製作のサークルで組み立てテーブルに塗りこんだオイルステインが残っていたので、それを使うことにした。

20110321_akagi_2_2

ぼろぎれに、オイルステイン(ヒノキ色)を染み込ませて、それで表面を何度かこすって、このような仕上げとした。 1/250大和をつくるの台座の色よりも、ずいぶんと明るい色調となったが、赤城には、この台座を使うことにした。

20110321_akagi_4_2 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月20日 (日)

●潮(うしお)汁と中華サラダ

20110316_ryori_3

メインの料理につけあわせる汁物(しるもの)として覚えておきたい一品である。

①鯛のあらを小さく切り、ザルにとって、上から熱湯をかけて、水につけて汚れをとってキッチンペーパーなどで拭く。

②昆布を水につけて、丸一日置いた(水出し)だしに、①のあらを入れてふたをしないて火にかけて、灰汁(あく)を取りながら塩小さじ1杯少々と酒、小さじ1杯で味をつける。

③椀に入れて、白ねぎを刻んだものと木の芽を置いて出来上がり。

20110316_ryori_2

①乾燥わかめ10gをお湯でもどし、水をかけてから 水をぬいておく

②人参60gをたてきりにして、塩水で少しだけゆでてから取り出して水抜きする。

③きゅうりを1本、たてきりにして、レタス4枚分は手でちぎる。

④うすくちを大さじ3杯、酢を大さじ2杯、砂糖大さじ1杯、ラー油を小さじ1杯、すりごま小さじ4杯をよくまぜて、ドレッシングとする。

⑤ ①~③を④のドレッシングでよくあえてできあがり。

(感想) すこし、鯛のアラへの熱湯のかけ方が不足していたのか、若干生臭い潮汁となった。野菜のサラダは市販のドレッシングを使わなくてもおいしく仕上がっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●豚肉の辛味噌どんぶり

20110316_ryori_1

①ボウルに味噌を大さじ3杯、豆板醤を大さじ1杯、酒を大さじ2杯、砂糖を大さじ1杯強、ごま油を小さじ2杯、片栗粉を小さじ2杯入れてよくかきまぜる。→あわせ味噌の完成

②豚の肩ローススライス肉を一口大に切り、ねぎ、しょうがを細かく切って、上のあわせ味噌に入れてよく混ぜ合わせる。

③フライパンをよく温めてから、②の豚肉を少し広げて焼き、ごはんの上にのせて、その上に炒りゴマ(白)をふりかけてできあがり

(感想)

少し、辛めに仕上がるので、体が温もる。 うす味のお汁が一緒にあれば最高である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月19日 (土)

●零戦をつくる(77)

昇降蛇の操作棹と操縦棹を連結してとつつける。 よく零戦の映画でパイロットが握り締めているのが、この操縦棹である。

20110319_zero_1

電極菅と潤滑油溜めの間にコード(太)を接着する工程である。

20110319_zero_2

重厚感たっぷりの台を組み立てた。 このうえに取り付け具がついて、零戦を乗せて飾ることになるらしい。

20110319_zero_3

骨組みと外板の間に隙間があいている部分を接着剤で完全にくっつけてしまう工程である。 全体的には、まだ、すこし接着がはがれかけて外板がわずかに浮い手しまっている部分があるので、すこしづつ接着していきたい。 それにしても、スケルトンモデルにしないので、せっかく作った中のフレーム構造が、ほとんど見えなくなるのは残念な気がする。

20110319_zero_5

プロペラの前部に、遠心力をおさえるためのカウンターウエイトをとりつけ、その先にプロペラピッチを変更するための油圧作動シリンダーを接着する。

20110319_zero_6_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月13日 (日)

●木好教室発表会

今日は、木工教室の作品展示会があり、朝は当番で、会場の留守番をしていた。

20110313_moku_01

例年以上にたくさんの展示があって、にぎやかだった。 たった一年で、みなさんずいぶんと腕を上げられたと思う。 わたしは、今回、大作(?)の犬小屋がすでに愛犬によってかなり傷つけられ(入り口を噛んでボロボロにしてくれた)たために、この組み立て机のみの出品となった。

20110313_moku_02_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

●赤城をつくる(18)

99式艦上爆撃機の作成をおこなった。 今回も風防のシール貼りに失敗し、結局、貼らずに完成させた。

20110313_akagi_01

つや消しブラックの塗装をおこなう。250キロ爆弾と60キロ爆弾は、接着してから筆塗りをした。

20110313_akagi_02

風防は上記に示したとおり、挑戦はしてみたが、乾きが悪く、いじくって調整しているうちにフィルムが敗れて失敗したので、3機とも、シールを貼らずに透明のガラス状態で仕上げている。(個人的には、このほうが好きである。)

20110313_akagi_03

これまで作成した艦載機をすべてならべて撮影してみた。壮観である...........。

20110313_akagi_04_2  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 6日 (日)

●零戦をつくる(76)

座席を胴体にとりつける作業にかかることにした。 しかし、胴体フレームの穴の位置がどうも説明書と違うのに気がついたのであった。 しばらく、原因がわからず、はて??と考えているうちに、胴体フレームを裏表逆につけてしまっていることに気がついたのである。 ここまで組み立ててしまった状態で、この胴体フレームをはがしとって、色を落として、裏表の色を塗りなおす作業があり、隔壁なども全部取り去って一から作り直さないといけないので、困ってしまった。 一時はドリルで穴をあけて対応しようかとも思ったが、組み立ててしまっているんので、穴もあけられず、苦渋の決断で、バラしていくことにした。

20110306_zero_1

上のクッションカバーも剥がしとって、裏側に接着しなおさないといけない。

20110306_zero_2

隔壁も剥がしとって、胴体フレームに隣接していた部品はどんどん、はずれていくのであった。結局、これだけの部品は、このフレームを取り去った際にコックピットからはずさなければならなくなった。

20110306_zero_4_2

まず、フレームの色落としをすることにした。 しばらくシンナーで擦ってみたが、色が残るので、こうしてシンナーの液に浸けておいてから、あとで色を擦り取った。

20110306_zero_3_2

色が落ちてから、乾燥し、メタルプライマを噴き、今度は注意して、コックピット色と青竹色の2種類の着色をした。 それでもすでに組み立ててしまっている場所の隔壁をくっつけたりする作業はとても骨がおれ、接着剤があちこちにくっついて相当汚くなってしまった。

接着剤の汚れは乾かしてから、紙やすりで落とし、その上から、今度はコックピット色を筆塗りしておいた。

20110306_zero_5_2

大変な作業であったが、まる一日を費やして、復旧を行った結果、なんとか部品も元の状態にくっつけて、ゼロ戦のシートも設計図どおりに組み立てることができた。

20110306_zero_6

これほどの、たいへんな作業は久しぶりであった。あせりながら、絶望しながら、なんとか一日で、修復することができた。

20110306_zero_7_2

座席位置調整レバーをとりつけて、座席の設置はできあがり..........それにしても、このレバ-の取り付けは簡単そうであったが、実際には奥の穴に片方の突起をはめ込むのに苦労した。

20110307_zero_3_2   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 5日 (土)

●ゼロ戦をつくる(75)

シートベルトをつくって、座席に金具をとりつける作業は、予想していた以上に楽しく楽な作業であった。

20110305_zero_1_2

操作室床に補助翼や昇降蛇の操作槓桿を取り付ける作業である。これも比較的楽な作業であった。

20110305_zero_2

これであとは、座席をコックピットに固定する作業がのこるだけとなり、今回は比較的楽に作業が進んでいるなあと安心していたのだが............とんでもない落とし穴が待っていた(続)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »