« ●ゼロ戦をつくる(67) | トップページ | ●ゼロ戦をつくる(69) »

2011年1月16日 (日)

●ゼロ戦をつくる(68)

主翼の昇降蛇の帆布を貼り付けている部分は、時間がたつと、このように接着がはずれて広がってきてしまう。 ディアゴスには、こういったこをを試して解決してから製品化してほしいのであるが、多くの購入者は同じような悩みをもたれているのではないだろうか?

20110115_zero_6_2

そこで、はじめはボンドを中に注入して、手で押さえて接着しようとしていたが、通常使っているボンドでは帆布が硬くなって、へんな癖がついてしまいいまひとつだったので、木工用ボンドを爪楊枝の先につけて、ぱっくりと開いた部分の内面に塗りつけてから指で押さえてやるときれいにくっつくことがわかった。

20110115_zero_7_2

コックピットの内面、右側はこのように着艦フック離脱レバーなどをとりつけて、だんだんと完成に近づいてきた。

20110115_zero_8_2

左側もこのようにだんだんと整ってきている。

20110115_zero_9_2

コックピットはほぼ計器類も取り付けが終わっている。操作盤のダイオードの発光も再度確認しておいた。 あとは、操縦席やその関連部品を取り付けていくのであろう。

20110115_zero_10

|

« ●ゼロ戦をつくる(67) | トップページ | ●ゼロ戦をつくる(69) »

■005.ディアゴスゼロ戦(1/32)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134195/38488455

この記事へのトラックバック一覧です: ●ゼロ戦をつくる(68):

« ●ゼロ戦をつくる(67) | トップページ | ●ゼロ戦をつくる(69) »