« ●1/250赤城をつくる(16) | トップページ | ●ゼロ戦をつくる(57) »

2010年10月 8日 (金)

●各種の台をつくる

まず、新しい社屋の研修室のプロジェクター用の台を作成することにした。実はこの台は下の二つの台を作成した残りの材木で作成したので、一部、材が不足し、適当に残っている木を活用して作ったので、中段の棚(?)の形状はやや奇妙にみえるかもしれない。

20101008_mokkou_1

女子職員が新社屋の窓拭きなどをする際に、身長が足らないので、50センチほどの高さの台が必要であるということを聞いたので、自ら木工製作することにした。 女性が持ち運びできるように総重量をなるべく軽くすることと、女性がより安全に登り降りすることができる階段状の形状が必要となった。

20101008_mokkou_2

3台目であるが、これは倉庫のシャッターをあけて外から入りたいときに、段がないと非常に上がるのがつらいという男子社員の話を聞いて、倉庫のプラットの高さにあった携帯用の階段を造ることとした。 これは上の踏み台とほぼ同じ構造なのだが、板材が足らなくなってきたので、上の板はすき間をあけて配置させて固定している。 試しに30キロくらいの荷物を抱えてこの携帯用階段を登り降りしたが、ビクともせず強度は十分であると確信した。

20101008_mokkou_3

|

« ●1/250赤城をつくる(16) | トップページ | ●ゼロ戦をつくる(57) »

■日曜大工」カテゴリの記事

コメント

しばらくです・・・。
当方・・無事に松本でのオフ会も終了しまして・・只今“秋”を満喫しております。
さて・・工作台お見事です・・が??
脚の部分に(設置面から5センチくらい)横材の補強をした方がヨリ強く成るかと・・。
このままではやがて・・斜め方向からの力で・・菱型がつぶれるように脚が壊れますヨ。

投稿: 大和魂 | 2010年10月11日 (月) 12時59分

>大和魂さん......そうですか.....このままでは危ないですかねえ.....補強をしておきたいと思います。 アドバイスをありがとうございました。

投稿: 管理人 | 2010年10月11日 (月) 19時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134195/37143144

この記事へのトラックバック一覧です: ●各種の台をつくる:

« ●1/250赤城をつくる(16) | トップページ | ●ゼロ戦をつくる(57) »