« ●1/250赤城をつくる(11) | トップページ | ●小松菜と茄子の炒め煮 »

2010年8月 1日 (日)

●護衛艦「はまゆき」に乗る

20100801_hamayuki_5

本日乗船した「はまゆき」は写真正面の護衛艦の後ろに係船されていた。143番はすずなみだったか??はまゆきよりもひとまわり船体が大きいようだ。(ちなみに「はまゆき」は126番である。)

海上自衛隊舞鶴に所属のはつゆき型護衛艦の第5番館として昭和58年11月18日に竣工した船である。 今日は体験航海の日であった。気温36℃、海上も比較的風は少なく、船上にいるとゆでタコになるかと思うほど暑い一日であった。

http://www.kyoto-minpo.net/html/jieitai/maizuru_ships/hamayuki.html

今日は、航海だけで、途中で潜水艦が浮上したり、P-3Cが飛来したりというようなオプションは何もなく、期待してかけつけてくれた神戸の友人たちはがっかりして帰ったようである。

まあ、船首にある76ミリ砲とそのうしろにあるアスロックの発射する様子(もちろん玉の発射はなかったが)を見せていただいたのが、少ないオプションの一つだった。

20100801_hamayuki_3

20100801_hamayuki_4

動きは俊敏であり、かつての日本海軍の戦艦の主砲の回転、上下の砲塔の動きから比較すると驚くほど早い。 二次大戦は戦闘機がプロペラ機であり、現在はジェット戦闘機やミサイルが相手であるから、このくらい俊敏に動かないと、いけないのは当然のことであるのだが。 それにしても、もしこんな砲が二次大戦時にあれば、爆撃機や雷撃機などはとてもそばに近寄れなかっただろうし、簡単に打ち落とされたことだろう。

20100801_hamayuki_2

20100801_hamayuki_1

アスロックランチャーといわれる対潜水艦用のミサイル発射装置である。もちろん今日は中にミサイルは装填されていなかったが、回転スピードと発射の際の動きだけを見ることができた。数十キロ先の海中に落として、そこから潜水艦を追尾して攻撃する兵器である。

今日はめずらしく潜水艦も係船されていたので、一枚写真を撮って帰ってきた。

20100801_hamayuki_6

|

« ●1/250赤城をつくる(11) | トップページ | ●小松菜と茄子の炒め煮 »

■撮影をする」カテゴリの記事

コメント

マイド・・です。
海自基地のご近所さんはいいですネ~・・皆さんこの時期のイベントが多くて~・・・。私ら山の者ンにはうらやましい~・・。
 ところで・・“やまつくオフ会”の期日が確定しました。
参加(宿泊者)の予約申し込みを受付中です。
開催日9月4~5日(土日)松本市内ということです。
私のメルアドをコメントメール(任意欄)に入れときますのでお返事お願いします。
宿泊なしでも参加は可能ですヨ~。

投稿: 大和魂 | 2010年8月 2日 (月) 13時20分

>大和魂さん、ありがとうございます。、先ほどコメントメールに送信いたしましたが、別のメールアカウンで送ってしまいました。今回は残念ですがまた、よろしくお願いします。

投稿: 管理人 | 2010年8月 5日 (木) 22時03分

ハイッ!・・素晴らしい履歴と一緒に・・メールいただきました。
お会いしたかったのですが・・残念ですネ。
 男の料理もがんばってください。

投稿: 大和魂 | 2010年8月 7日 (土) 12時56分

>大和魂さん、メールと書き込み、ご丁寧にありがとうございます。時間とお金があったらオフ会にも飛んでいきたいですが.......まだまだ、現役サラリーマン?でなかなか時間が自由になりません。誘っていただいたのに残念ですが、そのうち.......と希望を捨てないでいたいと思います。その節はよろしくお願いします。

投稿: 管理人 | 2010年8月 8日 (日) 17時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134195/35984594

この記事へのトラックバック一覧です: ●護衛艦「はまゆき」に乗る:

« ●1/250赤城をつくる(11) | トップページ | ●小松菜と茄子の炒め煮 »