« ●1/350戦艦陸奥を撮る | トップページ | ●ゼロ戦をつくる(42) »

2010年6月27日 (日)

●1/250赤城をつくる(8)

いよいよ、船体の外板を貼る工程になった。 これは「大和をつくる」で経験済みの作業であるので、なつかしかった。 だが、外板はかなりねじまげて貼る場所があり、あらかじめ外板をお湯につけてやわらかくしておくように書かれていた。 だが、大和でおおくの方が固定ピンを打っておられたので、今回もそれをまねることにした。

20100627_akagi_1

ただ、木材がかなりやわらかく、弱いので船体フレームと外板にあらかじめドリルでピンを押し込む穴をあけてやる必要がでた。

20100627_akagi_2

外板をフレームに固定する接着面は船首の場合は非常に少ないので、かなりたくさん木工ボンドをつけておかないと、ピンをはずしたら、外板の変形応力で簡単に接着がはずれてしまう。 あわてて作業をやると、手にボンドがいっぱいくっついて、外板を汚してしまう。 そこは、あとでかなりやすりがけをしたりパテをいれたりして、サーフェイサーを噴霧するようになると思うので、ボンドで多少汚れても、特段あわてることはない。

20100627_akagi_3

なんとか土曜日の夜から日曜日の午前中にかけてここまで仕上げることができた。細かい隙間には外板を細く切って詰め込んで接着していったが、それ以上に細い隙間については、あとでパテで埋めるつもりである。 前回、船首部分を粗っぽく仕上げているものがあるので、これを仮組みしてみた。

20100627_akagi_4 

|

« ●1/350戦艦陸奥を撮る | トップページ | ●ゼロ戦をつくる(42) »

■006.ディアゴス空母「赤城」(1/250)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134195/35526831

この記事へのトラックバック一覧です: ●1/250赤城をつくる(8):

« ●1/350戦艦陸奥を撮る | トップページ | ●ゼロ戦をつくる(42) »