« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月29日 (木)

●1/250 赤城をつくる(5)

防空指揮所をとりつける工程である。赤丸部分は貼り付けると数ミリの隙間ができてしまうので、パテを埋め込んで、乾燥してから削り、着色した。 下の写真のように比較的綺麗に穴を埋めることができた。

20100429_akagi_01

防空指揮所と4.5メートル測距儀をとりつけて横から見るとこんな感じである。 指揮所の窓(?)部分をもう少しきちっと色塗りしないといけない。測距儀の再度の穴に塗った白はあまり目立たない。

20100429_akagi_02

先週から製作していた赤城の左右の防雷具である。特に難しいものではないが、あとでこうしてスームアップしてみると、細かい部分のバリが取りきれていないのがわかる。

20100429_akagi_05

赤城の艦橋部分はこれでほぼ完成しているのだろうと思う。これもズームアップしてみてみたが、なかなか塗装表面は粗いものだ。

20100429_akagi_03

赤城の艦橋は斜め後ろから見るのが一番お気に入りである。 

20100429_akagi_04 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年4月24日 (土)

●ゼロ戦をつくる(32) 左翼のフラップ作り

少し手ごわそうな工程であった。まず、フラップの小骨をくっつけていく作業だが、このようにフラップの小骨を貼り付ける位置を決めるための板をマスキングテープで仮止めし、そこに小骨を差し込む作業をする。

20100424_zero_01

それから、フラップ板をこのように溝にあわせて仮置きする。そして、この位置で小骨の左下部分に爪楊枝でボンドを流し込んで半固定する。

20100424_zero_02

今度はマスキングテープで仮止めしていた金具をそっと取り外していく。そして、今度はその仮止めしていた金具の下あたりに爪楊枝でボンドを流し込んで、小骨を固定していく作業が待っている。

20100424_zero_04

ここまでは、簡単にいったように思うが、先ほど取り去った小骨の位置決めをしていた金具をあててみると、やっぱり何個かに微妙に角度のズレができてしまっていた。それを修正するために小骨をはずしてはボンドで接着.......を繰り返しているうちに、小骨の下がボンドで汚れて、なんだかまた、ゴテゴテになってきた。 仕方なく、小骨と小骨の間に紙やすりでなんどか削り、ボンドの跡を取り除いた。 小骨を固定するV字型の細い板を溝に組み込んでおいてから塗装することにした。(どうも塗装してから組み立てると、切れ込み部分で、差し込む作業中に塗装を剥がしてしまうことが多いため、組み立ててから塗装したほうがいいように思ったからである。)

20100424_zero_03   

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年4月18日 (日)

●1/250空母赤城をつくる(4)

船体の骨組みはこのあたりまで進んだ。基本的骨組みはいたって簡単に組み立てれるが、「大和をつくる」で経験したので、この先、船体の作成にはかなりの手間がかかることはわかっている。

20100418_akagi_03

艦橋部分に手すりをつけたり、丸いわっかを二つ組み合わせてアンテナをつくっててっぺんにくっつけたりする作業である。 これがなかなか上手にいかないので、何回か接着剤をあせってつけているうちに接着面が盛り上がって汚くなってしまった。

20100418_akagi_01

真鍮のエッチングパーツに、メタルプライマー液を筆塗りして、乾かしてから軍艦色を筆塗りしていった。 なんとか下のような艦橋部分の完成をみた。

20100418_akagi_02

艦載機も次々に組み立て終わっている。一円戦隊(?)上から零式艦上戦闘機、97式艦上攻撃機、99式艦上爆撃機である。戦闘機の付属しているマストはあまりに太くて不恰好なので、あとでピアノ線をカットしてとりつけたい。

20100418_akagi_04

20100418_akagi_05

20100418_akagi_06   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月11日 (日)

●1/250空母赤城をつくる(3)

艦橋の主要部分の組み立てをした。いちおう隙間にパテをいれて、削った上からプライマー、軍艦色塗装をしたのだが、拡大してみるとどうも、仕上げはいまいちである。

20100411_akagi_01

階段のエッチングパーツの組み立てである。細かい作業で、特に階段を一段一段、ピンセットでパーツを折り曲げて押し込む作業で一部は失敗した。階段を修正している最中に、左右の階段手すりのパーツが分離したときは、非常に情けない思いをした。

20100411_akagi_02

なんとか、階段の修復をしたのだが、艦橋本体に貼り付ける際に、なんども接着しなおしたため、周りに接着剤の乾燥した山ができて、格好悪くなったりした。 しかも。横にせりだすアンテナのうちのひとつは、支線を折ってしまい、仕方なく、図のようにピアノ線を切って継ぎ足すことにした。

20100411_akagi_03

軍艦色以外の細かい部分にマスキングテープを貼って、もういちど、上から軍艦色を噴霧した。 小窓の黒い部分は再度塗りなおすことにしているが、いちおう、このように艦橋部分が仕上がった。

20100411_akagi_04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 3日 (土)

●ゼロ戦をつくる(31)車輪の作成と混合気調整装置など

車軸は、塗装を一部、はがしてみたり、マスキングテープを貼って下地を残したりする部分があった。

20100403_zero_02

さらに、サスペンジョンをつけていくことで、さらに実物に近い構造にしている。

20100403_zero_03

混合気調整装置と可変ピッチ変更レバーを作って、コックピット横にとりつけていく工程である。 非常に細かな塗装作業を実施していく。

20100403_zero_04

コックピット横にとりつけたところである。だんだんとゼロ戦のパイロットになったような気分になってきた(笑)

20100403_zero_05 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

●1/250 空母赤城をつくる(2)

しばらく組み立てをお休みしていたが、今週は久しぶりにじっくりと休める連休となったので、ゼロ戦をつくる.......を別途進めながら、こちらも少しづつではあるが組み立てを再開した。艦橋部分のつなぎめにパテを塗っていく..........。

20100403_akagi_01_2

乾いたパテをやすりがけして、すっきりさせた塗装前の艦橋である。

20100403_akagi_02

艦上機は、このゼロ戦21型と99式艦上爆撃機の2種類である。

20100403_akagi_04

煙突部分には点検等の際に作業員がつかまったとされる手すりをつけていく

20100403_akagi_03   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »