« ●ゼロ戦をつくる(29) 主計器板を組み立てる | トップページ | ●1/250 空母赤城をつくる(2) »

2010年3月22日 (月)

●ゼロ戦をつくる(30)左翼の骨組み塗装とLEDランプ配線

いままで仮組みしていた左翼の補助翼、フラップの隔壁をばらばらにし、それぞれの小骨に貼り付けていたマスキングテープをすべてはがし、メタルプライマーを両面に噴霧してよく乾かす。 よいお天気になったので、外で日光浴をさせて乾燥させました。

20100322_zero_04

両面の塗装をおこない、よく乾燥してから、このように机の上に広げた。

20100322_zero_05

所定の部分にLEDランプをとりつけて、骨組みの中を配線し、いったんはずした隔壁を再度はめ込んでいく作業である。最初、骨組みは簡単にできたので、簡単に作業ができるだろうと考えていたが、なぜか、骨組みがうまくはめこめない。 塗装してから表面が微妙に膨れ上がるからか、どうにも溝にきっちりと入らない。 力を入れると小骨が変形してしまって、しかも塗装があちこち剥がれてしまう。 しかも、翼の端のほうに接着していたパイプやフレームがポロポロと外れて脱落してしまう。 とにかく、途中で、フレームを曲げてしまったり、小骨を変形させてしまったりと悪戦苦闘して作り上げた。 この狂いがあとの工程でどう影響してくるかを考えるとぞっとするが、とにかく、ここまで作り上げた。

20100322_zero_06

20100322_zero_07

20100322_zero_08

とにかく、いろんな箇所の変形を修正したり、脱落したパイプやフレームを再度接着したりして、なんとかここまで仕上げた。 左翼の経験が右翼に生かせればよいが.......とにかく対策を講じなくてはいけないと思った次第である。

気を取り直して、LEDテスターにかけて、各部分のランプが点灯するかどうかの確認だけは実施しておいた。

20100322_zero_09

20100322_zero_10

20100322_zero_11

かなり配線をひっぱったり傷つけたりしたので、断線も心配していたが、なんとか通電しているようでほっとした。      

|

« ●ゼロ戦をつくる(29) 主計器板を組み立てる | トップページ | ●1/250 空母赤城をつくる(2) »

■005.ディアゴスゼロ戦(1/32)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134195/33887241

この記事へのトラックバック一覧です: ●ゼロ戦をつくる(30)左翼の骨組み塗装とLEDランプ配線:

« ●ゼロ戦をつくる(29) 主計器板を組み立てる | トップページ | ●1/250 空母赤城をつくる(2) »