« ●ゼロ銭をつくる(27) ヘッドカバーと潤滑油廃油管の組み立て | トップページ | ●ゼロ戦をつくる(28) 高圧油タンク、燃料タンク、補強支柱のとりつけ »

2010年2月27日 (土)

● 1/250 空母赤城をつくる(その1)

ゼロ戦をつくる........をはじめたばかりなのに、航空母艦「赤城」を作るが、ディアゴスから発売された。ネットで、テレビで........見ていると本当に欲しくなった。で.........後先を考えず、購読申し込みをしてしまったのである。 ディアゴスティーニさんは、あまりに残酷なことをするものだ。我々世代がターゲットになっているのだろうが、もう少し後から発売してくれればよかったのに......と思ってしまう。happy02 ゼロ戦が完成するまでは、どこかに保管しておいて、数年後に作成を始めようと思っていたが、両方同時に進められるような気持ちになって、とうとう、最初の号を開封してしまった。 そして、土曜日の夜、製作を開始したのである。

20100227_akagi_01_2

赤城の煙突部分の作成、金属を張り合わせて、張り合わせ部分の線を消すためにパテを塗って、乾かしてからヤスリで綺麗に削り取る工程である。

20100227_akagi_02

空母赤城の艦載機であったゼロ戦21型のキットであるが、現在別途製作中のゼロ戦をつくる(1/16スケール)のプロペラ部分と並べてみると、いかに小さいものかがわかる。さすがにこれを組み立てる余裕もないので、今日はこれで作業を終える。

20100227_akagi_03 

|

« ●ゼロ銭をつくる(27) ヘッドカバーと潤滑油廃油管の組み立て | トップページ | ●ゼロ戦をつくる(28) 高圧油タンク、燃料タンク、補強支柱のとりつけ »

■006.ディアゴス空母「赤城」(1/250)」カテゴリの記事

コメント

“赤城製作開始”に大いなる期待を致しておりますっ!
是非に“赤城艦載21型仕様”も~。
私は・・・“信濃”に・・・。

投稿: 大和魂 | 2010年3月 1日 (月) 12時34分

>大和魂さん、お久しぶりです。一度、先生のお部屋を覗きにいきたいです(笑)
信濃ですか.....日本海軍には、悲劇の軍艦が多いですね。戦わずして沈んだ戦艦陸奥だとか、この信濃だとか....。
でも、その悲哀が、またよけいに日本人のDNAに訴えかけるところもあるんでしょうね。

投稿: 管理人 | 2010年3月 1日 (月) 17時23分

まいどです。
部屋(作業場)週に一回くらいしか入ってませんので散らかってますよ。こちらに来る時はお早めにご連絡下さい。(笑い)
悲哀も感性が在るかどうかですからね・・・段々と若い人達には“ケンケネ~”に成ってしまいますね。
私は・・ゼロも含めて・・結果は人類にとっても非常に最悪な生産物ですがある面では日本民族のDNAが生み出した非常に優れた進歩の代物達だと思っています。
打から・・好きなんでしょうね~。
これからも・・時々・・お邪魔します。

投稿: 大和魂 | 2010年3月 6日 (土) 10時49分

>大和魂さん、はい、また行くことがあれば前もって連絡いたします。よろしくです。

投稿: 管理人 | 2010年3月 8日 (月) 12時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134195/33561399

この記事へのトラックバック一覧です: ● 1/250 空母赤城をつくる(その1):

« ●ゼロ銭をつくる(27) ヘッドカバーと潤滑油廃油管の組み立て | トップページ | ●ゼロ戦をつくる(28) 高圧油タンク、燃料タンク、補強支柱のとりつけ »