« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月29日 (日)

●ゼロ銭をつくる(16)シリンダに点火プラグを装着

このように、シリンダはすべて塗装をすませて接着をし終えた。

20091129_zero_1

シリンダのヘッドのくぼみ(丸い印が付いている部分)にピンバイスのドリル径1.0ミリの穴を開ける作業が続く。点火プラグにも別途、0.7ミリ径、深さ0.5ミリの穴をピンバイスでそれぞれ7×2個あらかじめ開けておく作業が付随する。 このシリンダにあける穴は、点火プラグの埋め込み部分1.5ミリあればいいわけであるが、どうせ、ボンドで接着することになるのだからということで、全部ドリルで貫通させるまで穴を開けることにした。

20091129_zero_2

しかしながら、ピンバイスで裏表、14×2=28箇所も手で穴をあけていく作業は大変であり、この部分の金属の強度?には、ドリルもなかなか入りにくく、ピンバイスを持つ手がいたくなった。そこで、以前、”大和をつくる”で使用していた電動ドリルにピンバイスを装着して穴をあけることにした。 この際、電動ドリルで負荷がかかりすぎて、1ミリのドリル刃を1本折ってしまった。これは、以前に買っていた予備のドリル刃を使ってなんとか乗り切ったのだった。

20091129_zero_4

それぞれの指定された穴に、指定された方向にプラグを埋め込んで、接着していった。

20091129_zero_6   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月23日 (月)

●ゼロ銭をつくる(15) 骨組み17~20番、20ミリ機銃の組み立て

小骨にパイプとフレームを加工して接着する作業が続く

20091123_zero_1

20091123_zero_3

20ミリ機銃の弾倉と薬きょうの排出部を組み立てて、前回銃口に穴をあけておいた銃身をとりつけて完成させる工程である。20091123_zero_2

 バリをとり、メタルプライマーを吹き付けて、よく乾燥させてから、黒鉄色で塗装し、組み立てた。 

20091123_zero_4 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月10日 (火)

●ゼロ戦をつくる(14) 14,15の骨組み作成

コの字型のフレームを16.15.14,11,10ミリの5種類のサイズにカットして所定位置に接着していく作業である。 これはこのままとりあえず主翼の主桁にさしこんで保管することにする。

20091110_zero_1

20091110_zero_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月 8日 (日)

●ゼロ戦をつくる(13) 20ミリ機銃の銃身

このように銃身に数ミリの深さまでピンバイスで穴をあける作業をしていくと完成したときに、多少、実物感がでるのだろう。

20091108_zero_1_2

20091108_zero_2

シリンダーは11号までで全部揃った。このようにパテをぬって、あとコングの電動ヤスリでパテを落として磨く作業を実施した。 右はパテをあてた状態、左はヤスリがけをしたあとの状態である。 左の状態にしてからプライマを噴き、乾燥させてから着色していく。

20091108_zero_3 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

●ゼロ戦をつくる(12)エンジンパーツの取り付け

シリンダーヘッドの組み立ては、11巻まで全部そろってから、着色としてもよかったのだが、8,9巻分をまとめて作成し、メタルプライマまで噴いてしまったので、クランクケースとシリンダーヘッドだけパテ塗り、やすりがけ、プライマ、着色の順に作業をすすめた。

20091031_zero_1

20091031_zero_2

9号までに来ていたシリンダーヘッドは、すべてとりつけた。(残りは10号以降となる)

20091101_zero_1 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »