« ●ゼロ戦をつくる(2) プロペラの組み立て | トップページ | ●ゼロ戦をつくる(4) 大骨の組み立て »

2009年9月26日 (土)

●ゼロ戦をつくる(3) 主桁、骨格の仮組み

小骨はそれぞれ番号が打たれたプレートが付着しているので、これをカッターナイフで傷をつけて手で折ったあと、その部分のバリをやすりがけして取り除く、そのあと、わからなくならないように番号札を接着する作業をしていった。 今回は、主桁と大骨部分にマイクロネジをねじ込んで固定するための穴をピンバイスを使って開ける作業がメインだった。0.7ミリと1ミリの二種類の太さのピンバイスドリルを使って穴をあけた。 あらかじめ、穴をあける位置にポンチが打ってあるので、穴の位置がずれたりする心配は少なそうであるが、ドリルを折らないように慎重に作業を繰り返した。 まだ、仮留めなので、小骨が溝から浮いたりしているが、今後の作業でそのへんはきっちりとしていくのだろうと思っている。 ネジを強く締めすぎて、2箇所ほどはねじ山をつぶしてしまった。happy02

20090920_zero_3 20090920_zero_1 20090920_zero_4

20090920_zero_7

|

« ●ゼロ戦をつくる(2) プロペラの組み立て | トップページ | ●ゼロ戦をつくる(4) 大骨の組み立て »

■005.ディアゴスゼロ戦(1/32)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134195/31532899

この記事へのトラックバック一覧です: ●ゼロ戦をつくる(3) 主桁、骨格の仮組み:

« ●ゼロ戦をつくる(2) プロペラの組み立て | トップページ | ●ゼロ戦をつくる(4) 大骨の組み立て »