« ●ゼロ戦をつくる(3) 主桁、骨格の仮組み | トップページ | ●ゼロ戦をつくる(5) シリンダヘッドの組み立て »

2009年9月30日 (水)

●ゼロ戦をつくる(4) 大骨の組み立て

20090930_zero_1_2 ピンバイスで直径1ミリの穴を6箇所にあける。穴を開通してから、少しだけ下の板に穴があくくらいに思い切ってドリルをあてたほうがよい結果が待っている。20090930_zero_2

ピンバイスで開けた穴がこのように真ん円に近くなってくれるのが理想である。反対側から紙やすり1000番を少しあてる程度で、ほとんど加工はしなくてもよさそうである。

20090930_zero_3

前号の大骨をネジ留めする際に、ネジ穴を2箇所ほどつぶしてしまったので、今回は慎重にネジを締めることにしたのだが、ディアゴスで付録についてくるドライバ-は、付属のマイクロネジを締めるには少し大きいのではないかと思った。この間、バイクを製作するときについていたねじ回し(左側、赤い取っ手のついたドライバー)で締めてみると、こちらのほうが具合がよさそうに思った。 以後、大骨の組み立てはこのサイズのドライバーを使用することにきめた。

20090930_zero_4

20090930_zero_5 左翼底部分の大骨が組み立てられた。あとは、4.、5号でシリンダ-ヘッドを組み立てていくようだ。

|

« ●ゼロ戦をつくる(3) 主桁、骨格の仮組み | トップページ | ●ゼロ戦をつくる(5) シリンダヘッドの組み立て »

■005.ディアゴスゼロ戦(1/32)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134195/31585387

この記事へのトラックバック一覧です: ●ゼロ戦をつくる(4) 大骨の組み立て:

« ●ゼロ戦をつくる(3) 主桁、骨格の仮組み | トップページ | ●ゼロ戦をつくる(5) シリンダヘッドの組み立て »