« ●ゼロ戦をつくる(1) プロペラの研磨 | トップページ | ●ゼロ戦をつくる(3) 主桁、骨格の仮組み »

2009年9月18日 (金)

●ゼロ戦をつくる(2) プロペラの組み立て

ゼロ戦の当時、世界に誇る技術でもあった可変ピッチをつくることになった。プロペラのスピナーカバーの表にでる部分については、プロペラと同様にヤスリがけをしたあと、コンパウンドでみがいて、ピカピカにした。 その後、プロペラ受け、シャフト、ギヤの順番に組み立てていき、プロペラの基部のギアをかみ合わせてプロベラ受けのカバーをネジで仮留めするまでの作業である。 どのプロペラをねじっても、あとの2枚のプロペラが連動して動くようにネジのかみ合わせを調整しなければならない。下のように可変ピッチを作動して正常に動くことを確認した。

20090919_zero_1

20090919_zero_4

20090919_zero_620090919_zero_7

|

« ●ゼロ戦をつくる(1) プロペラの研磨 | トップページ | ●ゼロ戦をつくる(3) 主桁、骨格の仮組み »

■005.ディアゴスゼロ戦(1/32)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134195/31532708

この記事へのトラックバック一覧です: ●ゼロ戦をつくる(2) プロペラの組み立て:

« ●ゼロ戦をつくる(1) プロペラの研磨 | トップページ | ●ゼロ戦をつくる(3) 主桁、骨格の仮組み »